システム・デフィニション・アンド・パフォーマンス・バリデーション

革新的自動車の開発は、数多くのプロセスと複数の専門領域の協業を必要とします。従来のモデル・ベースのシステム・エンジニアリング手法では、モデリングとシミュレーションが別々に行われるため、製品やシステム挙動の「全体的」に見ることがほとんど不可能です。

システム・デフィニション・アンド・パフォーマンス・バリデーション ソリューションでは、要件の捕捉、アーキテクチャ定義、システム・モデリング、バーチャル・シミュレーションを完全サポートする共通環境で、複数の専門領域にまたがる設計が可能です。車両アーキテクチャ担当やシミュレーション専門家の皆様に、より優れた協業環境で競合他社に差をつけるイノベーションをバーチャルにテスト・検証していただけます。

主な機能とメリット


  • 複数のシステム・アーキテクチャをより素早く、より正確にテスト・検証
  • オープンなModelicaモデリング言語とファンクショナル・モックアップ・インターフェース(FMI)を活用し、既存のモデルを再利用・統合
  • メカトロニック・システムをシミュレーションして最適化し、性能確保と要件遵守を達成
  • 要件、パラメーター、テストケースを記録し、アーキテクチャ、モデル、シミュレーション結果と照らし合わせることにより、製品の品質を改善
  • 開発サイクルの早期にサブシステムと全車両のデジタル・モックアップを検証することにより、コスト削減とエラー発生の最小化を実現
  • 起こりうるシステム性能問題や矛盾の発見及びその解決の促進
  • 詳細設計を行う前の早い段階で性能誤差をバーチャルに発見し、物理プロトタイプにかかるコストを削減