エンベデッド・エレクトロニック・アーキテクチャ

 

電気・電子系アーキテクチャの開発、活用、再利用を促進

自動車は今やスマートな製品となり、インフォテインメント、快適さ、安全性能、コネクティビティーといった要素が競争優位に立つうえでの重要な鍵となっています。今日の典型的な自動車は、40から80の電子制御装置から成り、6000以上の通信信号を処理しています。革新的な新しい機能をより迅速に開発するには、電子系組込 (E/E)システム・アーキテクチャをマスターすることが重要です。

E/E アーキテクチャの設計プロセスは、現在のところまだ数多くの非連結的なドキュメントに頼っており、それらのドキュメントを複数の関係者が共有したり、新規プロジェクトのために再利用することは困難な状況です。

ダッソー・システムズの エンベデッド・エレクトロニック・アーキテクチャ ソリューションでは、要件からファンクショナル・アーキテクチャ、ソフトウェア・アーキテクチャ、ハードウェア・アーキテクチャにいたるまでのモデルベースの手法を提供し、組込システムの一気通貫の開発をサポートします。本ソリューションは、製品多様化の管理と合わせて自動車プログラム全体でテクノロジーの再利用を推進します。

主な特長

  • ファンクショナル・アーキテクチャ、ソフトウェア・アーキテクチャ、ハードウェア・アーキテクチャの組込システムの開発をサポートするモデルベースの手法により生産性を促進
  • 代替案やトレードオフを検討し、革新的な新しい機能をより速く顧客に提供
  • 電子系組込システム・アーキテクチャのあらゆる中間成果物間のトレーサビリティーを管理
  • 新規自動車プログラム全体で革新的な電子系組込システムの再利用を促進
  • サプライヤーへの情報や見積のリクエストのモデルから自動的に仕様書を作成