イノベーション・オン・トラック

業界基準団体ProSTEP iViPとドイツの自動車OEM数社が、製品データ管理と仮想製品作成に関する問題および基準を定義し対応するための構想開発を開始した際、ダッソー・システムズは早い段階でこれに参加し、PLMのオープン性基準(Code of PLM Openness)の作成を支援しました。

プロダクト・システム・エンジニアリング

1つのプラットフォームで、システム・アーキテクチャとパフォーマンスを定義、シミュレート、検証

「プロダクト・システム・エンジニアリング」ソリューションは、製品が「どのような」価値を「どのように」顧客に提供するかの情報を取得する基礎を確立します。 知識を取得して、形状作成前に製品の設計と機能を厳しく評価します。その後、要件と形状を超えて知識を再使用して、市場投入期間を短縮し、システムの対応能力を高めます。

「イノベーション・オン・トラック」インダストリ・ソリューションを使用することで、チームは、複雑な製品設計をサポートする高度なシステム・エンジニアリング・ソリューションを活用できます。 鉄道運営会社の要件を取得し、システム・アーキテクチャを定義して検証し、システム・パフォーマンスをシミュレーションしてバーチャルに検証することが、1つに統一されたプラットフォームですべてできるのです。 さらに、ControlBuild機能が、コストがかかる製造の遅延を最小限に抑え、重要な制御ソフトウエア・アプリケーションを設計・検証するための革新的な環境を実現します。

主な特徴と利点

  • 鉄道運営会社の要件をキャプチャしてシステム・アーキテクチャを定義および検証し、システム性能をシミュレーションしてバーチャルに検証
  • 要件と形状間の正式かつ強力なフレームワークを活用
  • 製品が「どのような」価値を「どのように」顧客に提供するかの情報を取得する基礎を確立
  • 要件と形状を超えて知識を再使用して、市場投入期間を短縮し、対応能力を高める
  • 革新性を変革し、新しい要件主導のモデル・ベースの設計手法を活用する
  • 製品ライフサイクル管理(PLM)環境で相互に作用するすべてのドメインの戦略的情報を使用する