顧客や業界の要求が高度化し、車両パフォーマンスと品質に対する期待はこれまで以上に高まっています。 またグローバルな競争の激化により、コストの最適化、サイクル・タイムの短縮、製品の品質・保証請求・リコール・リスクの適切な管理が求められます。

グローバル・バリデーション・プルーブン・パフォーマンス3Dエクスペリエンス・ソリューションは、物理と仮想の両方の試験と検証を改良することで、品質の向上、サイクル・タイムの短縮、開発コストの削減を実現します。 包括的で統合された試験と検証機能を活用することで、保証請求やリコール・リスクを削減し、業界や顧客のあらゆる要件に確実に対応できます。

主な機能とメリット

  • 製品性能(車両とシステム)の目標値と準拠すべき法規制を定義
  • 実施されるあらゆる仮想試験と実試験(プロジェクトKPI)の計画、準備、実行、モニタリング、分析を可能にする検証プラットフォームを提供
  • 仮想モデルで車両パフォーマンス(製品KPI)を評価、最適化し、実試験とつなげる
  • 必要な仮想または物理試作品を指定し、その組成と進化を管理
  • システムや車両の承認を得るために規制当局に提出する認証ファイルを一元管理
  • システムから車両レベルまでの検証計画をPLM内で定義し、実行コストを予測
  • 組織や部門の境界を越えて検証計画をグローバルに最適化することにより、試作品や試験の数を合理的な値に抑え、主観的基準を基に仮想試験が実試験かを選択
  • 情報の一元管理: 要求から認定に至るまでのデータとプロセスのトレーサビリティーを確立(要求、試験、パラメータ、V+R試作品作成、タスク、リソース、メソッドなど)
  • 製品性能属性の目標値とそれに対応するさまざまなオーサリング・ツールの想定値を1つのレポジトリで統合管理する
  • オープン性(メッシュ、KPI、« V+Rプロセス »コネクターによるデータ)
  • OEMおよびサプライヤー間でのコラボレーティブな検証プラットフォーム
  • 複数の部門にわたる最適化による、オープンで統合されたマルチフィジクスおよびマルチスケール・シミュレーション・プラットフォーム