プログラム管理

ビジネス関係、構成要素間の相互関係、全てのプロジェクトに適用される技術が多様で複雑な業界では、サプライチェーン全体にまたがるビジネス・プロセスを合理化することが成功の鍵となります。自動車業界のプログラム・マネージャーの皆様は、開発に関わるリスクを突き止め、それを最小限に抑えて、プロセスの効率性を改善しなくてはならないという難題に直面しています。また、新製品の開発の際に、社内で資源が有効に使われるよう配慮することも大きな仕事です。

ダッソー・システムズ(DS)のAutomotive Program Management ソリューションは、企業のAPQPプロセスとドキュメントを管理することにより、AIAG (全米自動車産業協会) の基準を遵守するための、自動車プログラム管理の効果的な方法をご提供します。さらに、ダッソー・システムズのV6のコラボレーション・プラットフォームの展開を通して、製品とプログラムの管理をめぐる戦略的アクティビティーが増進されます。本ソリューションにより、開発チームの皆様とプログラム・マネージャーの皆様は、必要とされるコンテンツを迅速に操作し、プロジェクト・パフォーマンスを効果的に評価し、リスクと問題点に焦点をあてる上で必要な情報とツールを利用できるようになる一方、決定機関とリアルタイムにコラボレーションできます。

強力なV6のコラボレーション機能の活用で、世界に散在する製品企画チームと製造チームの皆様は複雑なプロジェクトの遂行を妨げるリスクや問題点を発見し、それに対処することができます。製品企画と製造の両方の分野で3Dを使用することにより、製品開発プロジェクト部門、プロジェクト管理部門およびプロジェクト・マネージャーの皆様のコラボレーションがこれまでより一層密接なものになります。それぞれのチームが資材コスト、ツーリング・コスト、エンジニアリングの人員、企業スキルを最も効果的に活用することを保証するのがこの相互作用です。ダッソー・システムズのAutomotive Program Management ソリューションは、少しでもクオリティーの高い売れる製品を、時間通りかつ予算の範囲内で市場に出すという目的を達成するために、社内の知的財産の全てを活用することにより、御社のプロジェクトとプログラムの管理を作業計画以上にアクティブに行うお手伝いをします。

Automotive Program Managementには、以下の機能が含まれています:

  • APQP
  • WBS (Work breakdown structure)マネージメント
  • プロジェクト・プロセス分解
  • 回路作成/購入
  • リスク・マネージメント
  • プログラム・プラニング
  • プログラム・ソーシング=リソース・マネージメント
  • Program financials
  • プロジェクト・テンプレート・マネージメント
  • プロジェクト・コンテンツ・マネージメント

サポート製品: ENOVIA Program Central, ENOVIA Program Experience, ENOVIA 3D Live, ENOVIA Library Central, ENOVIA Library Experience, ENOVIA Live Collaboration

ENOVIAの導入により、ホンダは均一なコラボレーティブ環境の中で、複雑なエンジニアリング業務とビジネス・プロセス管理を合わせた、統合的な業務プロセスを展開しています。これにより、製品の市場投入までの時間を短縮することができました。

Hideyuki Tanaka Manager Computed ,Integrated Systems Department, HONDA