製品ポートフォリオ管理

ここ10年で自動車の新モデルの発売は33%増加。また、特定車の売上も14%から80%と大きく飛躍しています。 このような中、自動車の製品シリーズの管理が複雑になりつつあるのではないでしょうか。競争の激しい環境において成功を収めるには、製造側と開発側の密接なコミュニケーション&コラボレーションが必要になってきます。移り変わる顧客と市場のニーズを、製品開発のライフサイクル全体を通して追跡し、顧客が手に入れたいと思う車と実際に製造される車とのギャップを最小限に抑える必要があります。

ダッソー・システムズ(DS)のAutomotive Product Portfolio Managementソリューションにより、 新製品導入(NPI)プロセス全体にわたって、製品管理の手順を確立することができるようになります。現存する製品や将来の製品の製品種目やモデルヒエラルキーを定義することにより、製品プランナーやマネージャーの皆様に、製品シリーズのポートフォリオを管理していただくことができます。実際の技術的ソリューションの登場に先駆けて、製品の性能に対する顧客の意見を反映した提案項目のリストを作成してみてはいかがでしょう。

また、Automotive Product Portfolio Managementソリューションで、顧客のニーズ、市場の動向および技術イノベーションに応じた製品種目や、現存する商品・将来の製品のモデルヒエラルキーを作成することができます。新しい製品特性のために、製品ライフサイクル全体を通じて、製品機能、設計、テスト仕様書を追跡することも可能です。製品開発途中で変更が生じるのは避けがたいことですので、系統だった管理が必要です。  多機能の変更管理プロセスで、最初に報告された問題が内部解決されるように統合性が維持されます。ダッソー・システムズ(DS)のPLMシステムにより、自動車製品ポートフォリオの開発の現状がリアルタイムでわかり、製品仕様の重要な変更が迅速に実施され、拡大開発チーム全体に正しく報告されます。

強力な要求管理機能は、社内ルールおよび外部の規定が遵守されるよう、自動車プロダクト・プランニングと技術チームとの間の協同を促進します。その一方で、顧客の声もキャッチして適切に取り扱います。いったん製品のヒエラルキーが定義されると、製品プランナーの皆様に各製品ラインとモデルに関連したマーケティング用のキャッチコピー、ネーミング、イメージなどを定義するツールをご利用いただけます。その結果、マーケティング・データの自動使用が可能になり、一般のウェブサイトや製品タログに載せるのに便利です。Automotive Product Portfolio Managementソリューションの詳細についてはこちらをクリックし、販売担当者と連絡をお取りください。

Automotive Product Portfolio Managementには以下の機能が含まれています:

  • 製品プランニング
  • 製品要求管理
  • 製品コンフィギュレーション&オプション管理
  • パーツ数の削減
  • 製品コスト計算
  • 製品問題管理

サポート製品: ENOVIA Program Central, ENOVIA Requirement Central, ENOVIA 3D Live, ENOVIA Live Collaboration, ENOVIA Variant Configuration Central, ENOVIA Variant Configuration Experience, ENOVIA Engineering Central, ENOVIA Engineering Configuration Central, ENOVIA VPM Team BOM Editor, ENOVIA XBOM Manufacturing

当社企業グループの成功は、製品差別化されたイノベーティブな車を市場に送り出す能力にかかっています。IBMとダッソー・システムズが開発したPLMソリューションの導入により、中核事業に専念することができるようになりました。新しいコンセプトのフィージビリティーも確保されています。

Jean-Luc Perrard VP Product/Process IT, PSA Peugeot Citroën