パワートレイン・エンジニアリング&製造

Related Videos

Powertrain Engineering & Manufacturing ソリューションにより、これまでに使用したエンジン仕様書を新しいエンジン・アーキテクチャに再利用することができるので、設計時間を最大40%まで短縮することが可能になりました。その結果、パワートレイン・エンジニアの皆様がイノベーションに専念できる時間が増え、新しい設計の可能性を模索する余裕もできます。第一段階サプライヤーがカー・エンジン設計を 提供する傾向が徐々に高まるなか、様々なコラボレーションが市場に出現し、メーカーや部品製造企業の皆様が開発サイクル内で協働できる環境を作り上げてい ます。SIMULIA Abaqusをベースとしたダッソー・システムズのシミュレーション製品は、10年以上前から自動車パワートレイン解析の事実上のスタンダードとなってい ます。エンジニアの皆様は、部品の製造、組立、稼動や、熱負荷、機械負荷、音響負荷、予測寿命などの幅広い範囲のシミュレーションを行うことができます。 例えば、パワートレイン・エンジニアの皆様がSIMULIAを使ってエンジンやギアボックスの密封性を精査し、厳しい稼動条件でもコンポーネントの機能性が維持されるかどうかを調べることができます。

めまぐるしく変化する自動車市場では、スケジュールや製造工程に妥協することなく変更を開発の後期段階で行えることは、パワートレイン製造企業の皆様にとって成功への鍵になるはずです。Powertrain Engineering & Manufacturing ソリューションを導入して、鋳造・溶接の設計や網掛けを簡単に実行してみてはいかがでしょう。例えば、ウォーター・ジャケットなどの複雑なパーツ作りもパワートレインの設計と同時に実現できます。また、工具通路を特性目録を利用して自動的に作成することも可能です。カー・エンジン設計変更が発生した場合、リレーショナルデザイン機能によりパワートレインのビヘイビア分析およびツーリングも簡単に再生できます。デザインからエンジニアリング解析、パワートレイン開発全プロセスをカバーするダッソーシステムズのソリューションで、エラー発生率が大幅に減少し、全工程に渡って生産率が著しくアップします。

 

関連ブランド: CATIA, SIMULIA, DELMIA, ENOVIA

 

CATIAのベストプラクティスは、当社がテンプレート戦略を立て、トレーニングをカスタマイズする上で大いに役に立ちました。

Jeff Bautz PTO 6-Sigma Deployment Director/Design Manager, Large Gas & Diesel Engine Engineering, Ford Motor Company