電子・ソフトウエア設計及び製造

未来型機能と性能のキーポイントとなる電子装置およびソフトウェア。平均的乗用車生産の35%ものコストを占めていることは皆さまもご承知でしょう。また、52%のリコールが電子装置の不具合に起因するものです。よって、安全システムの向上にこれまで以上に焦点を当てなければなりません。さらに、現在注目されている安全や環境問題により、自動車テクノロジーの使用方法を改めて考慮しなければならない段階にきています。高性能安全装置、歩行者感知システム、CO2排出に関する新しい標準などが自動車産業に埋込式システムを要求しつつあるのです。

ダッソー・システムズのAutomotive Electronics & Embedded Software Engineering & Manufacturing ソリューションは、自動車のエレクトロニクス&組込システムの開発向けの専門ソリューションです。メカトロニクス設計ツール・セットにより、メカ、エレクトロニクスのコンテンツを自動車モジュールに統合することが可能になりました。チップ、プリント・サーキット・ボード(PCB)、組込式ソフトや機械構成コンポーネントが対象となっています。これらのパーツの開発リードタイムやライフサイクルは同一ではないため、これまで調整が難しかったものです。しかしながら同ソリューションにより製品定義をヴァーチャル内で同時に行うことが可能になり、リアルタイムで最新の正確な情報をにアクセスでき、分野間の協働が効率的になります。

ダッソー・システムズのソリューションで、これらの電子システムを一つととらえてテスト試行することができるため、高い信頼性とパフォーマンス・スタンダードを得ることが可能になります。これは、電子モジュール・サイズが縮小化され、反対に熱負荷ならびに電子負荷が増加する現在、自動車の電子システムとそれらをつなぐコンポーネントの寿命を延ばし、かつ信頼性を高めるに必要不可欠です。ダッソー・システムズの製品シミュレーションのアプリケーションはすでに自動車エレクトロニクス・サプライヤーとOEMに幅広く活用されており、ボンネット内エレクトロニクスなどのフィジカル・テストの補強あるいは代替として活躍しています。

自動車メーカーが複数の組織に属するチームと協働するなか、マルチCADシステムの便宜性を高めるツールがますます必要となっているのではないでしょうか。Multi-CADサポートを搭載したAutomotive Electronics & Embedded Software Engineering & Manufacturing ソリューション。全関連部署間でデータを自由に確認&交換できるだけでなく、マルチCADシステムを通して変更やコンフィギュレーションの履歴を簡単に把握することもできます。これらの機能は、CATIA、Solidworks、PTC、UGSおよびAutodesk上で使用可能です。メカトロニクス・モジュールは全世界のさまざまなサプライヤーの協力により開発されたものです。全関連企業間でのコラボレーション機能を向上させることにより、期限内で製品を完成させるだけでなく、開発プロセスの信頼性やスピードが高まります。

 

Automotive Electronics & Software Engineering & Manufacturingソリューションには以下の機能が搭載されています。

  • フレキシブルなPCBエンジニアリング
  • ICエンジニアリング
  • 組込式ソフトウェア エンジニアリング
  • メカトロニクス・データ管理
  • メカトロニクス製品設計におけるコラボレーション
  • シミュレーション&確認: 熱機械の信頼性シミュレーション、高性能熱テスト確認&ヴァーチャルテスト

サポートブランド: CATIA, SIMULIA, DELMIA, ENOVIA

CATIAの電気関連アプリケーションで、配線要求を設計プロセスの早期の段階で定義することができ、シェルとシャシーの重さを3%減量することができるようになりました。

Dmitri Stepanov Chief Engineer, Blue Sky Solar Racing