シャシー、 エンジニアリング&製造

自動車の操作に影響を与えるのは、まさしくシャシー設計です。また、現代のシャシー&サスペンションのエンジニアリングはさまざまな部署間での評価や意見交換を必要としています。 パッケージング、質量、コンポーネント再利用は、現代のシャシー&サスペンション技術者が直面している制限事項の氷山の一角に過ぎません。事前のシャシー設計検証は、コスト削減・効率の最大化につながる重要なポイントとなります。またシャシー解析は、コンポーネント振動、疲労評価、最大負荷評価、運動学的性質などさまざまなエンジニアリングへのアプローチを要求します。

弊社はシャシーの製品とプロセスのエンジニアの皆様に、堅固な一体型の設計・分析・製造ツールをお届けし、当分野でのご成功をサポートします。ダッソー・システムズ(3DS)のChassis Engineering Manufacturing ソリューションで、人気車の設計コンテンツを保存・再利用し、企業ナレッジを最大限に活用することができます。設計テンプレート、ナレッジウェア、リレーショナル・デザイン手法およびモーフィング技術を搭載した同ソリューションで、新しいシャシー設計を開発しつつ開発時間を大幅に削減してください。エンジニアの皆様はさらにコンセプト作りの段階で代替設計をテストすることもできるようになり、イノベーションの促進を見込むことが可能です。

Chassis Engineering & Manufacturing ソリューションは、さらに、すべての観点からシャシー解析を 実行するための様々なアプリケーションも搭載しています。解析は、シャシーの剛性や強度から軸受筒評価、さらには複雑なメカニズムを組む複雑作動のサブシ ステムまで幅広くご利用できます。最先端技術から生まれたコンタクト機能、マテリアル・モデル、摩擦材挙動、荷重特性により、ブレーキの耐久性、発熱、温 度分布、きしみの応力系シミュレーションが可能になります。

自動車市場がめまぐるしく変化する中、スケジュールや製造工程に妥協することなく大きな変更を開発の後期段階で行えることは、シャシー・エンジニアにとって重要なことです。Automotive Chassis Design & Engineering ソリューションを導入して、鋳造・溶接の設計図や網掛を簡単かつスピーディーに実行してみてはいかがでしょう。例えば、ウォーター・ジャケットなどの複雑なパーツ作りも一般のパーツと同時に実現できます。また、特性目録を利用して工具通路を自動的に作成することも可能です。シャシー設計変 更が発生した場合、リレーショナルデザイン機能により、ビヘイビア解析およびツーリングも簡単に再生できます。設計からエンジニアリング解析、ツーリング に至るシャシー開発のプロセス全体をカバーするダッソーシステムズのソリューションで、エラー発生率が大幅に減少し、全工程に亘って生産率が著しくアップ します。

Chassis Engineering & Manufacturing ソリューションでは、以下の機能を提供します。

     

    関連ブランド: CATIA, SIMULIA, DELMIA, ENOVIA

     

    当社がCATIAを選んだのは、自動車業界で標準となっているCATIAを当社のサプライヤーや下請会社がどんどん導入しているからです。CATIAは現在 Design to Manufacture のための最も完全なシステムと言えるでしょう。

    Rich Craner Senior Chassis CAD Engineer and Designer, Modec