プロダクション・エンジニアリング

鉄骨構造作業準備を作成、自動化し、建造作業を最適化

今日の船舶やプラットフォームは大型化し、さらに複雑になってきているため、建造プロセスの効率を可能な限り高められるよう、適合、進化させる必要があります。プロセス計画は、船舶およびプラットフォームの建造ライフサイクルの最も重要な要素です。そこには、建造順序、関連するオペレーション、実行に必要な人材と機器設備、船舶やプラットフォームの建造に必要な指示が定義されます。ここでの課題は、開始前にプロセス計画を検証する能力です。

オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーにより、プロセス計画の各手順の検証、実行シミュレーション、ボトルネックとなる部分と問題点の特定が可能になります。 プロセス・エンジニアも、プロセス計画を調整して、効率的かつ効果的に製造が実行されるよう最適化できるようになります。

 

オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーでは、プランナーが建造データを使用して、実行ジョブやオペレーション、実行所要時間、必要リソースを詳しく記述するプロセス計画を作成します。プランナーは、建造アセンブリに対応するため、プロセス計画からインタラクティブな3D作業指示を自動生成することもできます。

主な特徴とメリット

  • 標準プロセス計画と標準オペレーション・テンプレートの再利用
  • 定義された建造アセンブリからのプロセス計画の生成
  • プロセス計画と関連するプロダクション作業指図書の定義と最適化
  • プロセス計画内のオペレーションとオペレーション間の制約の定義
  • オペレーションのバランスをとることで、プランニング・ステージにおけるリソースを最大限に有効利用
  • インタラクティブな3D作業指示の作成と提供