プロダクション・ビルド・ストラテジー

建造アセンブリの定義を効率的に作成し、作業準備と建造作業をサポート

大型船舶または港湾プラットフォームの建造は、大規模なエコシステムが関わる大事業です。このようなプロジェクトにおける最初の重要な手順の1つが、ブロック定義と各ブロック内の建造アセンブリを含む構築戦略の策定です。これは、建造計画プロセスの基礎を形成する基本となる情報です。そのため、このアセンブリ・プロセスでは既存の企業ナレッジと経験を活用し、特定の造船所での建造に向けて最適化されたアセンブリ定義が不可欠です。

 

オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーでは、システムごとにまとめられたエンジニアリングBOMを、ブロックごとにまとめられた製造BOMに置き替えます。 このBOMには、何を構築するか、さらに各ブロックを構築するために必要となる作業シーケンスが詳細に説明されています。設計および建造情報が3Dエクスペリエンス・プラットフォームに完全統合されているため、エンジニアリング設計の変更は自動的に建造情報へプロパゲートされ、設計から建造までデータの整合性を図ることができます。

主な特徴とメリット

  • 標準建造アセンブリ・テンプレートの再利用
  • 大規模な建造アセンブリの管理、表示、ナビゲーション
  • 複数領域から成る建造アセンブリを直接エンジニアリング設計データから生成
  • エンジニアリング変更を自動伝播で効率的に管理し、下流工程で発生するミスや手戻りを削減
  • 建造計画に含まれていない設計オブジェクトを、迅速かつ簡単に特定
  • アセンブリ図面の生成