コンポジット・プロダクション・プレパレーション

複合材料を用いた構造作業準備を作成、自動化し、建造作業を最適化

複合材料は、鋼鉄やアルミニウム製の部品と比べて、強度、硬度、軽量性に優れ、高速化や消費燃料の削減を実現するために船舶建造でも利用が増えてきています。しかし、複合材料を用いた建造は非常に複雑です。主要な課題は、強度基準を満たすプライ構成と繊維方向を効率的に判断し、同時に建造可能性を確保して材料の無駄を削減することです。

 

オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーでは、複合材料を用いた建造の準備プロセスを管理する統合ソリューションを提供します。 統合された解析機能により、各ゾーンのパイル数を強度基準に基づいて特定することができます。強力なフラットパターン機能では、パイルを自動的にレイアウトできるため、複合材料シートを有効利用できます。オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーでは、効率的なインターフェイスを主要な工場機器に提供し、作業員によるパイルの設計や切断、関連ドキュメントの生成を可能にします。

主な特徴とメリット

  • エンジニアリング工程で定義された複合材料を用いた建造に伴う制約の組み込み
  • フラットパターンの生成と生産可能性の確保
  • エンジニアリングから建造への変更伝播を効率的に管理
  • 工場作業に関連するドキュメントを生成
  • 主要な工場管理システムへの効率的な相互接続