今日の船舶やプラットフォームは大型化し、何百万というパーツ、複数の領域、大勢の作業員、数えきれないほど多くの協力企業やサプライヤー、いくつもの拠点の存在など、さらに複雑になってきているため、造船所は競争力を維持するために建造効率を高めなければなりません。すべては効率的な建造計画から始まります。造船会社は、エンジニアリング設計情報を最適化して建造アセンブリへ変換した後、関連する建造計画を定義、検証して、特定の造船所向けに最適化されているか確認するという非常に困難な作業に直面しています。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤としたオプティマイズド・プロダクション・フォー・シー インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスを採用することで、造船所は建造アセンブリの定義、領域に特化した作業準備、プロセス計画、インタラクティブな3D作業指示、さらに建造の最適化に役立つ建造計画の3Dシミュレーションと検証が可能になります。オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーにより、造船会社は建造計画作業を効率化することで作業時間の大幅な短縮とコストの削減を実現でき、一方で建造品質を高めることができます。

オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーは、3Dエクスペリエンス・プラットフォームによって提供される設計と建造間の密接な統合をベースに、大きな利益をもたらします。 これにより、確実に設計仕様を正しく守って建造され、ミスや時間とコストのかかる手戻りが発生するリスクを削減できます。

造船所は、プロセス計画をシミュレーションして、建造可能性とエルゴノミクスをテストした後に、建造を開始する前に調整を行うことができます。オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーでは、マニュファクチャリング・フィーチャーの生成が自動化されるため、建造プランナーは時間のかかる作業準備を手動で行う必要がなくなります。建造およびアセンブリ工程に関する工場作業員の理解を高めることを目的とした、インタラクティブな3D作業指示の作成も可能にします。建造計画からアーク溶接機への指示を生成し、最適なポジショニングを実行するために指示内容のシミュレーションを行う専用ツールも用意されています。さらに、造船では協力企業とサプライヤーを含む大規模なネットワークを必要とするため、3Dエクスペリエンス・プラットフォームへのアクセス権を付与することで建造計画や対応する設計情報の確認が可能となり、協力企業とサプライヤーの作業効率も向上します。

オプティマイズド・プロダクション・フォー・シーのメリット

  • エンジニアリングと建造の密接な統合と効果的な変更管理による生産性の向上
  • 建造計画の3Dシミュレーションを通じた建造品質の向上
  • ルールに基づいて自動化されたアセンブリ計画と作業準備で、市場投入までの時間を短縮し、費用を削減
  • インタラクティブな3D作業指示により、ミスやコストのかかる手戻りを削減
  • 機械とロボットの自動化と建造プロセスへの統合により、市場投入までの時間の短縮と建造品質の向上を実現
  • 造船所リソースを最大限に利用
  • 効率的なエコシステム・コラボレーション