パイピング & HVACデザイン

配管およびHVACシステムを設計し、3D設計を開発して、統合と同期を可能に

今日の高度な船舶とプラットフォーム内では、配管およびHVACシステムは全体の設計で重要な領域です。 これらの領域については、規制や企業のルールに従った詳細な仕様を使用して、エンジニアは設計の早期段階でシステム定義を定義および検証する必要があります。 システムが定義および検証されたら、設計者はこれらのシステムに対応する3Dモデルを作成します。 プロセス全体を通して、重要なことは配管およびHVA設計情報が他のすべての領域門とうまく統合され、部門を超えた調整がなされ、コストのかかる手直しや遅延の原因となる潜在的競合が緩和されることです。

デザイン・フォー・シーでは、エンジニアと設計者が配管およびHVACシステムを定義、シミュレーション、解析、検証できるので、船舶とプラットフォームの優れた設計を実現できます。

デザイン・フォー・シーにより、流体設計者は統合された設計ルールとカタログを使用して配管およびHVACシステムの回路図を容易に定義、管理でき、材料仕様と規制基準を順守できます。 これらの回路図はさらに設備の配置や3Dシステム・レイアウトに使われるので、必要な空間が効率的に取り込まれて管理され、他の領域との設計競合を回避できます。

また、お客様の要件と設計基準を取り入れているため、設計意図に順守することが重要です。 デザイン・フォー・シーは設計意図を2Dおよび3Dの配管およびHVACの基本設計段階で管理しているため、仕様に基づいた詳細設計の生成と同期が可能となります。 デザイン・フォー・シーを使用することで、論理設計と物理設計間の統合を行えるため、エンジニアは設計の整合性とお客様の要件への順守を素早く簡単に確認できます。 ナレッジが組み込まれたルール設定、標準テンプレート、設計仕様カタログを使用することで、設計を動的に検証でき、規制基準と分類基準のコンプライアンスを確保できます。

デザイン・フォー・シーにより、設置図や組み立て図など、配管およびHVACに特有な図面を生成できます。 3D設計の変更時には、エンジニアは3D設計の変更を生成した図面に自動的に反映できるため、品質の大幅な向上とコスト削減が可能です。

主な特徴と利点

  • 配管およびHVACエンジニアリング仕様を定義して、部品選択プロセスを促進し、システムの整合性を確保
  • 配管計装図(P&ID)とHVAC図を作成
  • 配置と3Dシステム・レイアウトの定義
  • 論理設計から詳細設計を作成して同期
  • 配管およびHVACシステムの検証、解析、シミュレーション
  • 設置図や組み立て図などの配管およびHVAC図を自動的に生成