エレクトリカル・デザイン

電気設備の設計、ケーブルウェイの定義、ルールに基づいたケーブル配索の実行

船舶やプラットフォームを設計する場合、要件、規格、規制に従って電気設備を定義する必要があります。また、設計の完全性を確保し、設計プロセスの初期段階で他の領域との競合の可能性を緩和しておく必要もあります。 莫大な数のケーブルを最適な方法で配線する必要があります。 配線されたケーブルは、安定性と安全性を維持できるようにサポートする必要があります。

デザイン・フォー・シーにより、電気設備エンジニアは、船舶や海洋プラットフォーム全体の統合された電気設備設計を定義、シミュレーション、解析、検証することができます。

デザイン・フォー・シーにより、電気設備エンジニアは、さまざまなシステム向けに仕様に基づいた2D系統図を簡単に定義・修正することができます。 これらの系統図は、設備の配置や3Dケーブルウェイ・レイアウトに使えます。 電気設備エンジニアは空間を効率的に取り込んで確保できるので、下流プロセスで他の設計部門との競合を緩和でき、コストがかかる手直しや遅延を回避できます。 デザイン・フォー・シーにより、エンジニアはルーティング・ルールに従ってコストを維持しながらケーブルを配線して、船舶またプラットフォーム全体を網羅するケーブルウェイ・ネットワークを通じて電気設備を接続できます。 また、配線されたケーブルに基づいて、必要なレースウェイおよびハンガーを設計できます。

カタログ、規格、組み込まれた設計ルール、材料、設計仕様などを使用して、設計の早期段階で要件、規制、予算面から、さまざまな電気設備設計をダイナミックに検証します。

2Dおよび3Dの電気設備の基本設計段階で設計意図がシームレスに管理されるので、詳細設計をすばやく作成して同期できます。

主な特徴と利点

  • 電気系統図の作成
  • 3D配置とシステム・レイアウトを定義し、他の設計部門と競合が生じるのを回避
  • 基本設計から詳細設計を作成・同期化
  • すべての電気系統をサポートするケーブルを定義・配線
  • 電気設備の検証、解析、シミュレーション

<div/>