船体構造/骨格

船体構造は、船舶建造で最も慎重にならなければならないプロセスです。 また、船体構造は造船業界特有の難関課題であるため、CADツールが最も適合性を求める段階であると言えます。 一般のCADソリューションと一線を画すダッソー・システムズのShip Hull Structure / Structural Platform ソリューション。同業界のリーダー企業の皆さまと共に開発してまいりました。 搭載アプリケーションは、専門家の経験、ならびに造船所や船級協会からの要求を十分に取り入れ、実質的な利益を見込むことのできるものに仕上がっています。 

 

船体構造ソリューションは効率的テンプレート搭載。これにより、ナレッジや 設計意図を把握・再利用しつつ、設計に必要な時間を大幅に削減することが可能になります。同ソリューションはまた、一般配置プラン(開発段階に作成される もの)をベーシック設計・船級設計(ルールや強度計算が必要とされるもの)へスムーズに移行させます。また、CATIA、あるいはMSC-Nastran やANSYSなどの解法ソフトで 有限要素モデリング(FEM)解析も可能です。

ナレッジ・テンプレートを使用すると、プロジェクト仕様書を遵守しながらさまざまな難しいケースをオートメー ション化することができます。また、船体構造の全詳細が標準ではありません。その場合、ソリューションが自動的に効率的なツールを選び、仕様書に忠実に 従って実行する個別詳細を作成します。コピー&ペースト作業により既存設計コンポーネントを再利用し、 スピーディーに詳細を仕上げることもできます。

 

詳細設計プロセスでは、データが増設され、各パーツのさまざまなプロセスが分別化されます。これらのプロセスには、ベンディング前の解析データや、ローリング/ヒーティング前の外板などの変数も含まれています。ネスティングやスチール・カッティングなどの鋼鉄作業には、ALMAへのインターフェースも可能。オープンで効率的な弊社ソリューションをぜひご利用ください。

Ship Hull Structure / Structural Platform ソリューションでは、以下の機能を提供します。

  • 船体構造ベーシック設計(ブロック分割など)
  • 構造基礎 & 二次構造
  • 詳細設計
  • ロフティング(テンプレート作成など)
  • アセンブリ向けDPM
  • ネスティング & スティール・カッティング向けALMA搭載
  • シミュレーション & 検証

当社の特殊なニーズに応えてくれる造船工学向けのソリューションにやっと巡り合うことができました。市場には他の3Dソリューションもありますが、CATIA ほど信頼性、正確性、パワーに満ちたソリューションはありません。

William Pegram Managing Director, Isonaval