船舶マニュファクチャリング/プロダクション

造船産業では、途方もない見積超過額や大幅なスケジュールの遅れの出るプロジェクトが多々あるのではないでしょうか。このような状況下、建造コスト管理が ますます注目されています。実際、納期と予算内でプロジェクトを成功させるためには、無数の要因を綿密に調整しなければならりません。タンカーやヨットな どいかなるタイプの船舶であっても、建造にかかわるすべてのプロセスは細心の注意を払って計画し、かつ安全そしてスピーディーに最適化していく必要性があ ることは明らかです。

現在、設計および建造プロセスを最適化しながらリソースを最大限に活用すべく、設計から建造まですべてのプロセスをサポートするダッソー・システムズのShipbuilding Manufacturing and Productionソ リューションならびに統合型PLM環境を導入する造船企業が増加しています。弊社のPLMバーチャル建造製品シリーズでは、 同業界にこれまでなかったパ ワフルな機能を皆様にご提供しています。設計プロセスという初期プロセスから、建造プランニング、スケジューリング、さらに工程決定までバーチャル環境内 で定義/シミュレーションし、建造遅延要因の発生率を減少してみてはいかがでしょう。この建造スケジュールの遅延問題は、システムや機械を設置した際に 多々発生するものです。 

弊社ソリューションには、PrimaveraならびにMSプロジェクトなどのスケジューリング設備配置および人間工学的見地からのシミュレーション(視覚、動作etc..)などのツールを搭載。また、プランニングには部品だけでなく人員要因も含まれているため、重要なオーダーを通す前に、主要要件、コストや建造時間がきわめて正確に評価することが可能になります。

またPLM環境内では、設計データと建造データを関連付けて比較することが可能です。よって、後期プロセスにおける変更を追跡し、設計変更に影響の出る パーツを確認、さらには製造変更によるインパクトを考察することができます。この統合型PLM環境により、コストおよび時間変更が事前に把握でき(コスト は$単位表示)、すでに締結している契約を再検討できる可能性が出てきます。また、建造工程と設計は密に関連していますが、実際は設計とは別で工程を決定 できます。つまり、皆様が理想的と描く工程をおつくりいただくことも可能です。

DSのShip Manufacturing and Productionソリューションでは、以下の機能をご提供します。

  • ワークフロー/プロセス・フロー
  • 建造プランニング/スケジューリング
  • 建造作業指示書, 関連書類作成&シミュレーション
  • 建造シミュレーション
  • インプロセス・モデリング
  • 製造部品表
  • 建造機械装置/レイアウトの最適化

With CATIA and DELMIA, YRS can avoid unnecessary manufacturing costs caused by unforeseen errors, streamline processes, optimize resources and shorten production ime.

Teng Yao PLM Manager, Yantai Raffles Shipyard