船舶 保守/操業

船舶の製品寿命は通常20年から40年ですが、その維持費は船舶一隻分に等しく、つまり一隻購入するためは二隻分のコストがトータルで必要となります。さ らに商用船舶は毎日稼動しているわけではないため、数百万ドルの損失が出る場合もあり、全体の収益率を下げる結果となります。よって現在、長期操業可能で 保守性の高い船舶設計が造船企業側に強く要請されています。

ダッソー・システムズの統合型PLMシステムでは、設計開発という初期段階で操業/保守プロセスが最適化されます。 よって、安全に関する規則や環境保護規制へのコンプライアンスがシステムに統合され、船舶の操業/保守がより安全化されます。また同ソリューションには、 人間工学シミュレーション機能(視覚、動作など)が搭載されています。さらに、マテリアルだけでなく人的見地もプランニングで考慮されるため、操業/保守 が安全およびコスト/時間的に最適化されています。

バーチャル定義プロセスにより、システム仕様書等級別データ施設特長機械配置を筆頭とする価値ある膨大な記録を保存/作成できます。重要な資産となるこれらのデータは、修理記録、技術文書、操業/保守記録などと一緒に保存されます。

船舶のライフサイクル全体にわたって情報を管理/再利用することにより、明らかな収益性の向上を望めます。精巧なデータシステムを搭載したダッソー・システムズのPLMは、現在進行形のビジネスのクオリティーをさらに向上させるソリューションをお届けします。危険物を輸送する商業用船舶などの建造の際、明確に文書化されたプロセスが必要になってきます。このプロセスのおかげで、設備の総点検および交換などの安全に関する保守業務を最適化できるのです。

ダッソー・システムズのPLMシステムには、再利用価値のあるプロセスや成功例を保存/管理して今後のプロジェクトに役立てていただくソリューションを皆 様に提案しています。データベースは複製/シェアが可能。また、新しい情報を追加して、操業要件をサポートすることもできます。新しいプロジェクトに着手 したいけれども実証がないため不安である、という場合はございませんか?ダッソー・システムズのデジタル・モックアップを活用し、様々なシナリオを確実に計画&テストし、成功を手中にしてください。

ダッソー・システムズのShip Maintenance and Operation ソリューションでは、以下の機能をご提供します。

  • システム図表
  • 操業/保守のシミュレーション
  • 危険/安全評価
  • シャットダウン/ターンアラウンド計画
  • 設備/システム一覧表
  • 設備交換
  • エンジニアリング関連文書/仕様書管理

We are sure to acquire a strategic competitive advantage and extend our market position through our decision to implement the shipbuilding solution from IBM and Dassault Systèmes.

Joerg Ackermann Manager IT and Organization, Meyer Werft