クロスファンクショナル部品表(BOM)管理

競争の激しい今日のビジネス環境において、製品ライフサイクル全体にわたって製品の知的財産(IP)と 部品表 (BOM) を管理することの重要性は益々高まっています。問題の解決に必要な端から端までの徹底したトレーサビリティーを可能とするため、地理的に分散する様々な場 所で行われることの多い設計、製造、サービスのプロセスのすべてが同時に進められなくてはなりません。「どこでも設計、どこでも製造、どこでもサービス」 (DAMASA)の手法をサポートするため、造船企業の皆様は、常に移り変わるビジネスモデルと市場促進要因への適応性を高めてくれるような、すぐに使える機能を備えたソリューションを必要としているのではないでしょうか。

ダッソー・システムズ(3DS)の包括的プロダクト・ライフサイクル・マネージメント(PLM)V6ソリューション製品の一部であるクロスファンクショナル部品表(BOM)管理ソリューションは、 造船企業の皆様が、設計から製造、計画を経てサービスの段階にいたるまでの製品ライフサイクル全体を通じて部品表を管理するお手伝いをします。当ソリュー ションは、グローバルに分散する造船企業と作業チームの皆様に部品表(BOM)および製品開発活動に関するその他の情報へのアクセスをご提供し、すべての エンジニアリング部門のリアルタイムの協業を円滑化します。

企業内の様々なチームとサプライチェーン全体で製品開発プロセスを標準化することにより、企業全体でベストプラクティスを実行して最大限に効率を上げながら、コストを削減し市場投入までの時間を短縮することができます。さらにクロスファンクショナル部品表(BOM)管理ソリューションは、グローバル規模での部品の再利用と標準化を促進し、製品管理、設計、製造、調達のプロセス全体の最適化を確実にします。

クロスファンクショナル部品表(BOM)管理ソリューションでは、以下の機能を提供します。

  • 部品表構成管理
  • 部品代替・代用管理
  • 部品表格付け・解析
  • 新部品要求・開発
  • 部品表変更・有効性管理

ダッソー・システムズのENOVIA を活用したデータ管理、データ交換、可視化は、コスト削減、品質確保、納期遵守、競争力維持の大きな鍵となるでしょう。

Brian Cuccias Vice President Program, Northrop Grumman Ship Systems