ワン・ラボ

研究室を最適化して知識を活用して市場投入時間を改善

ワン・リサーチ・ラボ

コラボレーティブで柔軟なプロセスとシンプルな実験の文書化により、研究イノベーションを実現

 

科学的なイノベーション・プロセスが、最も効果的に機能するのは、社内外のパートナーとのコラボレーションを促進するための方策がとられたときです。 コラボレーションなしでは、情報とコンテキストはサイロ化した状態にロックされ、アイデアの共有が制限され、迅速なイノベーションや、科学的知識の共有を通じた最新情報に依存するビジネス上の意志決定が妨げられます。 実験の観察、結果、ドキュメントがうまく活用できないことで、イノベーション・プロセスに要する時間と労力が増え、研究プロジェクトの遅延とコストの増加につながります。 さらに実験情報が安全に保管されず、調査準備が整っていなければ、特許権を守るための知的財産の保護が損なわれる場合があります。

ワン・リサーチ・ラボでは、効率とコラボレーションが向上すると同時に、データに簡単かつ安全にアクセスできるようになり、操作性が向上するため、研究室や部門を超えた迅速な採用が可能になります。 重複する作業を削減し、見識を素早く得ることができます。 アイデアの共有以外の利点としては、世界中の研究室で帰納的に使用できる知識を取得する、または将来の研究室の実験とテストに使用できるモデルを構築および改良するための知識を取得できることです。 ワン・リサーチ・ラボは、研究イノベーションの速度を速めながら、市場や特許権に関するリスクを低減します。

主な特徴とメリット

  • システムおよび、システムと治療薬候補との相互作用に関する知識をカタログ化し、迅速な意思決定とプロジェクトの進展を後押し
  • より一貫したデータと情報のやり取りが容易になり、コラボレーション、イノベーション、意思決定を改善
  • 自動化されたデータに基づいたプロセスで、コストを削減してより効率的な治療法の設計