ワン・ラボ

研究室を最適化して知識を活用して市場投入時間を改善

ワン・クオリティ・ラボ

コンプライアンスの確保、手順を強化した効率的な品質テスト、文書作成の自動化

 

非効率的な品質テストのコストは、研究室の生産性に影響を与えるだけではなく、全体的な生産サイクル時間と医薬品の在庫にも影響を与えます。 複数ソースから集約した科学的データに基づいた情報の品質が不確かな場合、経営上の重要な判断にリスクが生じます。 テスト方式が古く順守が欠如していると、法規制やコンプライアンスのリスクを招き、製品の品質と安全性が低下する可能性があります。 このような非効率的で間違いの発生しやすいプロセスの結果として、テスト、レビュー、文書作成の重複により時間と労力が無駄になります。

ワン・クオリティ・ラボは、このような潜在的問題をさまざまな方法で解決します。 一貫したテスト手順の強化、自動化した結果検証と文書作成により、不要なテストおよびレビュー時間を削減し、結果の品質と信頼性を確保できます。 単一の基盤に基づくデータのパイプライン管理と自動化により、ビジネス・プロセスと科学的プロセスが統合され、意思決定およびサイクル時間が短縮され、受け取った情報の品質に確実性が加わります。 科学的な関連性があり、標準化されたアプリケーションとビューにより、コンプライアントで効率的な品質テストと必要なビジネス・アライメントが可能となります。

主な特徴と利点:

  • 標準化と手順やポリシーへのコンプライアンス向上を通して、初期品質の向上を図る
  • より一貫したデータと情報のやり取りが容易になり、コラボレーション、品質、コンプライアンス、意思決定を改善
  • 自動化されたデータに基づくプロセスで、コストを削減して効率性を向上して治療法のリリースを速める
  • 品質と法規制イニシアチブをサポート