ワン・ラボ

研究室を最適化して知識を活用して市場投入時間を改善

ワン・デベロップメント・ラボ

柔軟で規制順守したワークフローと結果の文書化により、製品とプロセス開発をサポート

 

医薬品開発は発見された治療法を販売薬品に変える重要な段階ですが、多くの課題を抱えています。 関連する業務範囲は広く、さまざまな形式で多くのデータが生み出されます。 業務には柔軟性と異なる部門間の知識移転、さらに規制とガイドラインへの順守が必要です。 標準化されたプロセス、方法、処方箋がないと、重複によって研究室のリソースを無駄する以外にも、一貫性のないプロセスによるコンプライアンス・リスクなど、開発チームはさまざまな懸念事項を抱えることになります。

ワン・デベロップメント・ラボでは、単一の基盤をベースにしたデータのパイプライン管理と自動化でビジネス・プロセスと科学的プロセスを統合するワークフローと文書化が効率化されます。 データとデータを作り出したコンテキストをリンクすることで、一貫した解釈とコラボレーションを確保できる上、将来の結果をモデル化して予測するための知識が提供されます。 標準化・自動化されたプロセスにより、コンプライアンスに要する労力とビジネス・リスクが軽減され、適切な技術移転により間違った意思決定をするリスクが削減されます。

主な特徴とメリット

  • 標準化と自動化によるデータ品質の向上とコンプライアンス・リスクの低減
  • より一貫したデータと情報のやり取りが容易になり、コラボレーション、技術移転、意思決定を改善
  • 統合されたワークフローと自動化されたデータに基づくプロセスで、コストを削減して効率性を向上した治療法の開発と特徴付け