バイオファーマ向けメイド・トゥ・キュアー

市場での販売を加速化して設備投資を最適化

プロセスおよび品質データを活用することで、生産速度を速めて、変動性と患者リスクを低減

医薬品開発はコストと時間のかかるプロセスで、プロセス開発、製造、品質業務部門間の連携が取れていない場合、その傾向が特にひどくなります。 過去の経験から学ぶことができず、業務が分断されて製造コストが増大します。 規制措置や要件変更の非効率的な管理により、追加のファイリング作業が発生して時間とコストがかかります。 さらに、研究室から社内および外注の業務への技術移転が適切に行われないことで、ブランドのイメージを損なうリスクが発生する場合があります。

バイオファーマ向けメイド・トゥ・キュアーは、唯一の包括的で検証可能な業界プロセスで、品質およびプロセス・データの集約、コンテキスト化、分析を行って、市場投入時間を短縮し、製造の変動性を低減します。 電子および紙ベースの異種システムからプロセスと品質データを統合することで、組織はプロセスと製品の変動性を素早く特定、理解、監視、改善できます。 世界中の社内外のオペレーションでデータを再利用・共有できるため、見識や知識を素早く広めることができ、優れた意思決定が可能となります。

バイオファーマ向けメイド・トゥ・キュアーは、社内外のプロセス開発、製造、品質業務プロセスを統合して、初期品質の向上を図ります。 これは、プロセスおよび品質データからビジネス価値を生み出し、商業的に持続可能なオペレーションを作り出す基盤となり、品質と規制用ファイリング作業、更新、検査に関するリスクとコストを最小限に抑えながら、プロセス知識に関する既存の投資を最大限に活用します。

主な機能と利点:

  • 重要なプロセス・パラメータを運用して、強力で持続可能な商業生産環境をつくりだす
  • データに基づいた意思決定により、重要な生産プロセスのパフォーマンスを監視
  • 検証済み環境内での変動性の原因を特定して修正
  • 世界中の製造企業および優良企業とコラボレーションして、プロセス知識の再利用により効率を向上