ライセンス・フォー・ドキュメント・コントロール

文書管理とコンプライアンスの最適化

 


世界規模の厳しい規制監督の強化により、製品を市場投入しようとする企業は規制上の要件を完全に満たさなければならないという高まるプレッシャーにさらされています。障害が発生すると、製品に遅れが出るだけでなく、企業イメージが損なわれ、市場シェアや収益に影響が及ぶことも少なくありません。コンプライアンスと高水準の製品安全性を維持しながら収益を上げる方法を見つけることは、競争力を維持する上で欠かせません。コンプライアンスは一度限りの事象ではなく、継続して行われるべきものです。


コントロールド・ドキュメント・エクセレンスは、単一の柔軟な電子変更管理プロセスで文書管理を最適化します。これにより、企業全体でのコラボレーションが可能となり、業務効率が向上します。構造化されたライブラリは品質管理システムで文書全体を管理するのに有効で、世界各地の規制当局向けにコンプライアンスに準拠した形でのファイルの作成、管理、保管をサポートします。この設定可能で使いやすいソリューションは、企業が文書管理プロセスを自動化して効率的に管理するのに役立ち、FDA規制やISO品質基準をはじめとする世界的な規制要件へのコンプライアンスを支援します。


さらに、3Dエクスペリエンス®プラットフォームでは、文書作成から廃版までの文書のライフサイクル全体に一元的にアクセスできます。

主な特徴

  • 統合ドキュメント・リポジトリにより、コスト削減と運用効率化を実現
  • カスタマイズされた文書管理ワークフロー、文書リスト、導入、テンプレート
  • 情報の再利用、必要に応じて追加で文書を取り込む機能により、作成時間を短縮
  • 完全なトレーニング・トレーサビリティ管理、文書ごとの進行状況とステータスの追跡
  • SOP更新時のリアルタイムコラボレーション
  • エンドツーエンドの一貫性
  • 完全に監査可能な変更管理
  • 自動改訂管理機能により、誤りが減少し、サイクル時間が短縮
  • シームレスな法規制コンプライアンスでエンドツーエンドの製品業務