ライセンス・フォー・DMRチェンジ

製品のライフサイクル全体でエンドツーエンドの品質プロセス・システムを取り入れることができない企業では、コンプライアンス・リスクの脅威、コスト超過、時間遅延などが増えてしまいます。 多くのコンプライアンス・リスクは、旧来の紙ベースのシステム、サイロ化した電子文書、またはさまざまなチームが異なるバージョンのソフトウェアを使用することなどによるトレーサビリティの欠如が原因で発生します。 エンジニアリング部門と製造部門間のコラボレーションは、品質の高い製品を開発する上で大変重要であり、プロジェクトの早期段階での緊密な連携が必要です。


医療機器向けライセンス・トゥ・キュアーでは、共通の設計業務および計画業務のビューを共有することで、複数領域にわたる設計と製造のコラボレーションを向上できます。 複雑な変更を素早く承認して、さまざまな変更プロセスにおける改善を評価するのに役立ちます。


3Dエクスペリエンス®プラットフォームでは、データ入力時間および製造上のミスが削減され、最新のBOM情報を簡単に検索できるため、エンジニアリングおよび製造担当マネージャーは的確な情報に基づいた意思決定が可能となります。

重要な利点

  • 初期製品設計におけるエンジニアリング部門と製造部門間の早期コラボレーションにより変更プロセスをスピード・アップ
  • 最新の製品情報を使用した複数部門間のコラボレーション
  • 法規制コンプライアンスの改善 – エラー・リスクを回避、時間を節約
  • 強力なCAPAサポートと影響を受けるすべての製品ラインのサポート
  • 製品構成IPの取得と再利用