医薬品業界向け「ライセンス・トゥ・キュアー」ソリューション

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Donec ultrices libero non sem molestie tempor.

ライセンス・フォー・クオリティ

医薬品会社は、品質管理システム業務を全社的に統合して、GxPへのコンプライアンスを強化できます。

堅固な品質管理システム(QMS)を配備していても、予測外のリスクが発生して、システムの有効性の低減とコンプライアンス違反が発生する可能性があります。これが特に問題となるのは、複数の拠点間で変更を管理しているグローバル企業において、こうした複数の拠点で監査官や検査員に一貫した方法で答える必要がある場合です。

規制の厳しい医療機器・医療品業界向けに設計されたライセンス・フォー・クオリティは、文書および品質のエンドツーエンドのプロセス管理を提供します。ライセンス・フォー・クオリティにより、会社のコンプライアンス・コンテンツへのシングル・アクセス・ポイントとして機能するインターフェースを使用して、データを抽出、レビュー、処理、および承認できます。

数多くの利点を提供するライセンス・フォー・クオリティは、医薬品会社が品質管理システムを業務全体でグローバルに統合し、実施するのに役立ちます。ライセンス・フォー・クオリティでは、QMSドキュメントおよびデータにどこからでもアクセスでき、対処したプロセスそれぞれの完全なトレーサビリティが確保されます。また、監査済みのセキュアなデータ共有により、組織は品質プロセスの順守を実証し、リコール数を減らすことが可能になります。

ライセンス・フォー・クオリティを活用すれば、企業は生産性を向上させることができ、問題数を削減してリコールを最小限に抑えるとともに、リスクを減らすために必要な製品品質と品質プロセスの向上を実現することができます。

主な特徴と利点

  • データおよびドキュメンテーションのシングル・ソースを管理
  • 品質プロセスの順守を実証
  • 生産性を向上させ、問題を削減
  • リコールの発生を排除
  • 品質管理システムのドキュメントとデータにどこからでも安全にアクセス可能
  • 対処したそれぞれのプロセスの完全なトレーサビリティを提供
  • サード・パーティとの安全で監査を経たデータ共有
  • CAPAと逸脱の低減を管理