デザイン・トゥー・キュアー

バーチャル設計を活用し、新しい治療法の市場投入時間を短縮

テラプティック・エフィシェンシー・アンド・セイフティ

予測科学と実験結果を統合して、医薬品のイノベーション設計を加速

 

医薬品業界は、製品開発を成功させる上で、「新しい基準」に直面しています。 事業コストの増加、持続が困難なほど高い開発の失敗率、その結果、品質の劣る候補薬品が臨床試験段階に投入されるという問題を抱え、同業界は市場投入時間の短縮と同時に事業コストの削減を可能にするため、開発でより良い結果を出す必要に迫られています。

テラプティック・エフィシェンシー・アンド・セイフティ」プロセスは、創薬研究の非効率性を排除することで、薬品開発の早期段階と臨床試験段階前の創薬でイノベーションを加速化し、市場投入時間を短縮します。 統合された包括的かつ合理的な医薬品設計アプローチの一環として、物理的実験に並行してコンピュータを使った実験を適用することで、研究者はビジネスとして最も可能性が高く、医薬品として最も有効な対象をすばやく絞りこみ、優先対応できます。

テラプティック・エフィシェンシー・アンド・セイフティ」プロセスでは、設計判断を助け、意思決定をサポートするアプリケーション内で、生物学的活動、毒性、ADMEエンドポイントなどの治療学的に関連性のあるエンドポイントを計算することで、事業コストを削減して市場投入時間を短縮します。さらに臨床試験に投入する前の候補薬品の品質を向上することで、創薬研究の早期段階で最も将来有望な候補を素早く追跡できます。

主な特徴と利点:

  • 創薬研究の効率を改善するプロセスを使用して、運用コストの削減と市場投入時間の短縮
  • 設計時点で薬物分子を完全にプロファイリング
  • 将来最も有望な候補薬品のみの開発を進める
  • 創薬研究の効率を改善
  • 臨床試験投入時の候補薬品の品質を改善