デザイン・トゥー・キュアー

バーチャル設計を活用し、新しい治療法の市場投入時間を短縮

治療の提供

製造と提供を最適化する薬品動作の予測

 

薬品開発は多くの点で課題を抱えています。 最初に作成される新しい医薬品有効成分(API)が非常に少量であるため、物理的テストは制限されます。 アメリカ食品医薬品局(FDA)では、「クオリティ・バイ・デザイン」と呼ばれる薬品動作の最大限の知識が要求されます。臨床開発や製造のさらに下流段階での失敗はコストがかかります。

分子モデリングは創薬段階から引き渡されたAPIがいかに動作するかを最大限に理解するために使用でき、これによってテストに必要なAPIの量を低減できます。 生物製剤治療の適用領域は、低分子薬剤の増殖形態の場合は潜在的な凝集、粘度、溶解特性であり、結晶および非晶質な固形の場合は機械的特性です。 下流工程の製造データと仕様を使用することで治療剤の動作を理解でき、クオリティ・バイ・デザイン基準が満たされます。

最も重要な製造可能性の特性を予想することで、最適な実験パラメータ範囲を設計することを可能とし、コンピュータを使用した実験と並行して物理的実験を行うことで、新薬候補の開発を加速化する統合された包括的かつ合理的な薬品開発アプローチを実現します。

主な特徴と利点

お客様とお客様バリュー:

  • 規制順守のためにクオリティ・バイ・デザイン・メソッドを統合
  • 臨床試験での成功率の向上
  • 創薬の効率を改善
  • 固形での新しい販売方法の可能性を素早く探索
  • 治療用生物製剤の最適な液剤プラットフォームの選択