デザイン・トゥー・キュアー

バーチャル設計を活用し、新しい治療法の市場投入時間を短縮

オープン・サイエンティフィック・イノベーション

データとテクノロジーを統合することで、複数専門領域がかかわる、治療法の発見とコラボレーションを最適化

 

創薬に要する時間が長くなっており、コストが増えています。 個別化医療は、ブロックバスター医薬品からより少ない人口をターゲットとする治療に焦点を移行し、これにより個別の医薬品の潜在市場規模が小さくなる可能性があります。 このため、製薬会社はコストと市場投入時間を削減しながら、成功を収める医薬品を開発する必要に迫られています。

オープン・サイエンティフィック・イノベーション」がサポートするデータをベースとした分析は、イノベーションを加速および改善する鍵となります。 予測テクノロジーを多用した、高度に統合された効率的な情報収集と処理システムを提供することで、複数領域にわたるプロジェクト・チームは高い品質の情報にいつでもどこでもアクセスできるようになります。 サイロ化されたアプリケーションを統合して、シームレスなデータ管理が可能となります。これにより世界中の協業を進めるエコシステム内の科学者は、より優れた見識を素早く取得でき、典型的なウエットラボの実験を低減できます。 マネージャーはプロジェクトとプログラムの進捗とパフォーマンスを追跡して、必要に応じで研究プログラム全体を最適化できます。 研究者は、コストを削減しながら研究プログラムを加速化して品質を向上できる利点を大いに活用できます。

お客様とお客様バリュー:

  • 高品質でアクセスが容易な情報システムにより、意見に左右されるのではなく客観的な意思決定が可能
  • 統合型コラボレーション・システムを使用して、組織全体で科学的知識を平等に共有
  • クラウドベースの情報と解析システムにより、外部パートナーと共同研究を効率化