デザイン・トゥ・キュア

バーチャル設計を使用して新治療法の市場投入時間を短縮

ナレッジ・ベースのイノベーションを推進して、より高品質な治療薬候補を市場に早く投入

医療機器・医薬品業界で、優れた製品を開発するには「新しい基準」に対応することが求められます。 事業コストの増大と開発における失敗率の高さにより臨床試験段階に入れる新薬候補の数と品質が低下する中、同業界は事業コストの削減と市場投入時間の短縮を可能にする、より優れた結果を生み出さなければならないというプレッシャーにさらされています。 こうした課題の克服に役立つはずの、増加する一方の医療機器・医薬品企業によって生み出される膨大なデータはといえば、こうしたデータを分析および解釈するツールの導入がデータの増加速度に追いついていないのが現状です。 コラボレーション、ナレッジの共有、バーチャル設計を基盤とするソリューションにより、不適切な候補を脱落させて、より高品質な新薬候補を短時間で市場に投入することが可能となりました。 デザイン・トゥ・キュアインダストリ・ソリューション・エクスペリエンスでは、これらの課題に対応するため、コラボレーションとナレッジに基づいたイノベーションと予測分析を実現します。

「デザイン・トゥ・キュア」ソリューションの価値:

  • 統合システムにより組織全体で高品質の科学ナレッジが利用可能となり、コラボレーションを改善
  • 治療イノベーションのライフサイクル全体をリアルタイムで可視化し、意思決定を強化
  • コンピュータを使用した実験と物理的実験を組み合わせて、医薬品の設計および開発を加速
  • 規制順守にむけた、クオリティ・バイ・デザイン原理の統合
  • 創薬研究におけるイノベーションと効率性を向上させて、市場投入時間と市場拡大コストを削減し、より優れた新薬候補を短時間で発見