コンセプト&フィージビリティー

製品コストの80%以上がコンセプト開発期間中に固定されることを考慮すると、新しいプロジェクトの総体的な収益性に最も大きな影響を及ぼすのはコンセプト&フィージビリティー段階であるといえます。

ダッソー・システムズ(3DS)のコンセプト&フィージビリティー段階向け ソリューションは、マーケティング、設計、研究開発、製造プランニングなどの担当者、主要サプライヤー、エンドユーザを含む医療機器の製品開発に関わる全 員がコラボレーティブに新製品を定義することを可能にします。当ソリューションにより、製品開発サイクルの初期段階でビジビリティーを確保し、製品設計を市場予測、技術ロードマップ、市場要求を動かす顧客ニーズとリンクさせることができます。製品企画チームは、専用のテンプレートによってコンセプトを作成・管理することができます。市場で成功する見込みの最も高いコンセプトを選び抜いたあと、プロジェクトはプロジェクト・リソースコスト見積りマージン解析を含む本格的な開発プログラムの実行へと進みます。

3DSの堅固な要求管理機能は、カスタマーの声を捉えて適切に処理しつつ、 プロダクト・マネージャーと技術チームの間の協働を推進します。これにより、製品がカスタマーのニーズに合っているかどうかを製品開発の全ての段階で検証 することができます。エンジニアリング部門の皆様は、予想される要求に基づいて、カスタマーの視点に沿った製品機能のリストを実際の技術ソリューションに 先立って作成することができます。こうして、エンジニアの皆様が物理的部品なしに製品アーキテクチャを定義したり、プロダクト・マネージャーの皆様が包括的な製品シリーズを定義、管理、モニタリングすることが可能です。

製品の適応性を高めるため、ライフサイエンス企業の皆様には医学会の著名な研究者や医師などのアドバイスも欠か せません。製品設計者、プロダクト・マネージャー、オピニオン・リーダー間の効果的なコミュニケーションは、製品が市場で人気を博すことができるかどうか の鍵であるといえます。開発しようとしている製品が実際にどのようなものであるかを示すための手段として、この業界では小型模型や木製モデルが主流でした が、DSのインタラクティブな3Dシミュレーションのツールは製品設計と機能の詳細を見せる新鮮な手法をお届けします。直感的で使いやすいユーザー・インターフェースにより、あらゆる位置や角度から医療スペースや医療機器をモデル化することが可能です。特注設計のモデルは標準設定から作成することができるほか、個々の医療機器の3Dモデルを3Dライブラリから3D空間にドラッグ・アンド・ドロップしてゼロから作成することもできます。エルゴノミクス解析や患者とバーチャル製品の相互作用のシミュレーションは、製品開発のできるだけ早い段階で設計と製品構成を最適化するのに役立ちます。

DSのMedical Device Concept & Feasibility Phase ソリューションでは、以下の機能を提供します。

  • 顧客のニーズ管理
  • 顧客のライフライク・エクスペリエンスのフィードバック
  • 製品シリーズ管理
  • 製品マーケティング戦略

「ENOVIAの導入により、当社は従来より効率よくかつ迅速に業務を遂行できるようになり、市場の要求にも機敏に対応できるようになりました」

Geoff Cooper Sunrise Medical, Chief Information Officer