部品サプライヤー管理

ライフサイエンス業界では、サプライチェーン内で創出されるバリューの割合が上昇しつづけています。グローバル化によって、世界中に分散するエコシステムの複雑性に対応できる製品開発プラットフォームが必要となりました。企業の支出のうち直接材料や加工製品の占める割合が大きいため、バリューチェーン関係者を製品ライフサイクルの早期に巻き込むことには大きなメリットがあります。 

ダッソー・システムズ(3DS)のComponent Supplier Management ソリューションは、医療機器製品の調達エコシステム管理全体をカバーするべく開発されました。企業の皆様は、当ソリューションを活用して、組織内の複数の部門によってアクセス可能かつ単一で包括的なサプライヤーのマスター・リポジトリを保持することができます。サプライヤーが標準化された改善・計画方法やベストプラクティスに確実に従うよう、製品品質計画サプライヤー開発計画が作成され、サプライヤーに配布されます。関連する製品情報にサプライヤーがリアルタイムで安全にアクセスできることにより、製品開発や品質管理のご担当のマネージャー様はサプライヤーを初期の設計コラボレーション、品質管理、サプライヤー実行プロセスの欠かせない一部にすることができます。サプライヤーは特定の製品要素や材料に関する責任を与えられ、それぞれ異なるビジビリティーとアクセスを付与された複数のサプライヤーが同じ製品をめぐって協働することができます。

サプライヤーの業績は、工場、認定、調達力などを評価する重要業績評価指標 (KPI)から成るサプライヤー・スコアボードを通して常に追跡されます。そして、戦略的な関係性のバリューを最大限に高める開発計画をサプライヤーと共同で考案することができます。これにより、プロセスを常に改善する能力が高まり、OEM、サプライヤー、販売担当、およびその他の主要なサプライチェーン関係者の間の連携も強まります。

企業の皆様は、部品表(BOM)、仕様書、および標準的な見積依頼書(RFQ)を作成するうえで必要なその他のデータ、また複雑な製品や在庫のある部品の見積の作成に必要なデータを活用することにより、運営コストを削減して利益を改善することができます。ダッソー・システムズは、企業の皆様がより良いサプライヤー・コミュニケーションを通して調達と製品サイクルを合理化するお手伝いをし、サプライヤーの入札応答時間を短縮しつつ、入札応答の正確性を高めます。サプライヤーはECR(設計変更要求)を提出し、製品ライフサイクルの初期および全体にわたって様々な専門分野のグループと協働することができます。そして、これにより開発コストを削減し、市場投入期間を早めることができます。

Component Supplier Management ソリューションでは、以下の機能を提供します。


  • サプライヤー・クオリティー・ファイル
  • パーツ・クオリティー・プラン
  • 受入品質検査
  • 戦略的調達

当社のサプライヤーはインターネットでENOVIAにアクセスして情報をダウンロードし、設計プロセスに関わる一員となって当社のエンジニアとの連携で設計やモデルがニーズに叶ったものであるかどうかの判断に参加できるようになります。

Boris Cononetz, Jr Manager, Medtronic Physio-Control