シンクロナイズド・フルイディック・デザイン

他のあらゆる分野を含めて、すべてのエンジニアが連携して流体回路図を組み入れた最適な解を見つけるには、単一の情報ソースと、これに対応した強力なアーキテクチャが必要です。 流体システムと3D設計ツールのシームレスな統合によってのみ、データの非互換性を避けることができます。 より生産的な設計検証のため、適切な設計情報をすべて取り込み、インテリジェントなチューブ/パイプ・レイアウトを作成することに注目する必要があります。 ある分野で設計を変更した場合に、他の構造に変化が自動で反映されなければなりません。

同期された流体設計では、流体エンジニアはすべてのCAD/流体システムで同じ一貫したモデルにアクセスができます。 2Dデータと3Dデータがリンクされた独自の環境のメリットを活かすことができます。 3D設計に修正を加えると2D回路図が更新されるため、完全な互換性が得られ、より効率のよい変更管理が行えます。 独自の環境の流体設計(2D回路図と3Dチューブ/パイプ配管)により、回路図設計からチューブ/パイプ設計、製造文書までの完全なプロセスに対応できます。

主な機能と利点:

  • 完全な統一された定義による流体システムであらゆる産業向けに企業ノウハウを集約。
  • システム・アーキテクチャから2D回路図(ブロック図、P&IDなど)まで、複数分野の完成された統合ワークフロー。
  • 完全な没入型の3D設計によるパイプ/チューブの正確な配管
  • 流体システムの開発期間を短縮して品質を向上。