シングル・エンジニアリング・ソース

既存の設計に基づいて新しいプロジェクトを開始することによってサイクル・タイムを短縮することは合理的で、それを可能にすることが必要です。 企業の知的財産と標準をすでに組み込んである過去の設計を再利用することや、この情報を多分野にわたるプロジェクトの関係者と世界中で共有することが、企業にとって利益にならないことがあるでしょうか。 さらに、設計の早期に設計をテストすると、そうしなかった場合には予測できなかった問題が取り除かれ、新製品の導入が速くなります。

シングル・エンジニアリング・ソースでは、機械、配管、パイピング、ツーリング、成形など、すべてのエンジニアリング分野が、世界中のさまざまな現場からデザインに関してコラボレーションし、グローバルな製品開発が促進されます。 設計者は、高度な類似検索機能を使用すると、これからの設計において形状の類似点を既存のモデルの中で特定して再利用できます。 シミュレーション機能では、設計を迅速にテストしてから、どれが最適であるかを判断することもできます。 製品開発中に発生する問題の識別、解決、追跡を行うツールもあります。 知的財産は保護され、サプライヤーは、プロジェクトでの役割と責任に基づいて、企業情報のうち知る必要があるものだけにアクセスできます。

主な機能と利点:

  • 既存の設計を再利用して時間を節約。
  • 多分野にわたるコラボレーションが可能になり、安全な環境で知的財産を保護。
  • 設計シミュレーション機能による迅速なテスト。
  • 製品開発全体で問題を特定して監視。
  • パートナーとサプライヤーとのコラボレーションを合理化。