シングル・チェンジ・ソース

産業機械関連企業では、一貫していて正確な部品表を下流のビジネス・プロセスに送り、この情報をERPとリンクする必要があります。 機械寿命が数年または数十年にまで延びているため、これまでに行ったすべての変更の履歴を追跡できるようにする必要もあります。 製品構成の情報に基づいて、適切な情報を特定して設計に再利用することも必要です。

シングル・チェンジ・ソースでは、徹底した変更管理プロセスを管理できるようになります。 企業では始めから終わりまでの追跡が可能です。強力な検索エンジンでは形状以外の情報が入念に調べられて、現在の開発に最適な製品が検索されるので、検出された設計を再利用できます。 これによって開発サイクルを短縮し、過去の設計上の誤りを避けて、新しい設計で企業標準を順守できます。 情報は、購入、法務、マーケティングなどの周辺活動のために企業のERPに送ることができます。

主な機能と利点:

  • 多分野にわたるBOM管理。
  • 変更管理のトレーサビリティと教訓により、これまでに発生した設計のエラーを回避。
  • 部品、BOM、運営コスト、製造コスト、インベントリの情報をERPでリアルタイムに交換。