シームレス・クオリフィケーション

インダストリ・ソリューション・エクスペリエンス

クオリファイド・インテリジェンス

膨大な量のテスト・データを分析できれば、より良い意思決定が可能となりますが、適切な後処理機能がなければ、トレードオフ分析を実施し、様々な仮説シナリオを効果的に探索することはできません。 シミュレーションからつくられたか、物理試験からつくられたかに関係なく、企業は情報を効率的に処理する分析ツールを必要としています。 要件と設計の実現可能性の選択肢を照らし合わせ、最適なソリューションを見つけ出す必要があります。

クオリファイド・インテリジェンスは、大規模なデータ・セットのトレードオフを後処理、表示、分析するための、結果分析手法を提供します。 Web上でアクセス可能な「クオリファイド・インテリジェンス」により、ユーザーはいつでもどこからもデータにアクセスできます。 目標に応じて、複数の設計案を後処理、フィルタリング、スコア付け、ランク付けすることができます。 目標を修正すると、設計のスコアとランク付けが自動的に変更されて最適な設計を導き出します。そして、最適化された設計をプロジェクトの関係者と共有します。 シミュレーションと物理試験の結果を比較できるため、最終的にはシミュレーションでも同じ結果が得られる場合、コストと時間のかかる物理試験を止めるのに役立ちます。 さらにこうした情報をルールに基づきテンプレート化し、将来の参考として活用することも可能です。 企業は過去に展開済みのシミュレーション・メソッドを格納した社内ライブラリにアクセスできます。 また、3Dエクスペリエンス・プラットフォームの独自の環境ですべてのシミュレーション検討を格納および抽出でき、データの重複や情報の損失を心配する必要がなくなります。 すべての情報が同じシステム上に保管されるため、複数領域からのテスト・データを容易に関連付け、結論を導き出すことや傾向を判断することができます。さらに、この知識を今後再利用するためにルールとして組み込むことも可能です。

主な機能と利点:

  • 設計変更の影響とトレードオフ分析
  • 大規模なデータ・セットを効率的に評価
  • 最適なソリューションと将来の傾向を予測
  • 3Dでのビジュアルな解析
  • 検証可能な事実に基づいた意思決定
  • 「予測」モデルの作成
  • 統合ソリューション