シームレス・クオリフィケーション

インダストリ・ソリューション・エクスペリエンス

クオリファイド・エグゼキューション

認定を効果的に実施するには、最適な製品試験またはシミュレーション方法を定義し、事前定義された手法を使ってこれを実行する必要があります。 しかし、特殊なソフトウェアや内製ソフトウェアといった、様々な異なる解析ツールの使用、企業ベスト・プラクティスの不在により、再利用可能な認定プロセスの定義と導入が不可能ではないとしても困難になることがあります。 世界中のエコシステムに適応でき、製品開発の進展に合わせて再利用できる柔軟なテスト・プロセスが必要とされています。

クオリファイド・エグゼキューションにより、データベースに格納された認定手法をシミュレーション・テンプレートとして再利用することで、テスト実施を自動化、短期化できます。 これにより、間違いの発生しやすいタスクや認定サイクル時間全体を削減できます。 テンプレートはドラッグアンドドロップ作成機能を使用して生成できるため、作成がより速く直感的になります。 認定プロセスは、実際の業務に合わせて、自動のワークフローと手動のワークフローを組み合わせることができます。 最適な認定方法を定義できる柔軟性を備え、多様なテスト基準に適応可能です。 エンジニアはテスト結果を収集し、個別のレポートビューで編成、グラフを使用、表示して結果を分析し、傾向を特定して結論を導き出すことができます。 また、サード・パーティ・ソフトウェアからの結果も含めて、複数のテストの結果をグループ化でき、これらを設計、検証計画、レポートに含めることも可能です。 3Dエクスペリエンス・プラットフォーム内でプロセスが蓄積管理されるため、将来の意思決定に備えたトレーサビリティを確保いただけます。

主な機能と利点:

  • 適用が簡単で再利用可能なテスト・プロセスを定義
  • テスト実施手順を自動化および効率化
  • テスト結果の収集と記録および非付加価値タスクを自動化
  • 複数のテスト結果の結合、および設計検証計画とレポート(DVP&R)でレポートを追加
  • 実験設計、最適化、代用モデリング用の最先端テクノロジー
  • インパクト分析を行い、入力変数を変更した場合の結果認定プロセスを定義