エンタープライズ プロジェクト管理

注文仕様生産(CTO)及び個別受注生産方式(ETO)を採り入れている製造業者は、競争に於ける優位性から、リーン生産方式とDAMA(どこでも設計、 どこでも製造) 戦略に転向しつつあります。これらの戦略的な変化は、必要である一方、ソーシング、人員配置、コラボレーション、業務プロセスの難題をもたらす複雑なサプ ライ チェーンを要します。広範囲に及ぶサプライチェーンは、デザインと製造プロセスの一貫性と質に影響を及ぼす可能性があります。

ダッソー・システムズの Enterprise Project Managementソリューションは、個別受注生産方式と注文仕様生産のプログラム及びプロジェクト マネージャーが、考案された製品をより早く市場へ送るお手伝いをします。プロジェクトの状態(スケジュール、資源、コスト、利益)を示すダッシュボードに よるリアルタイムの情報へアクセスすることによって、管理部はよりよい決定を下すことができます。データ源のホスト コンピューターへの直接リンクによって自動的にアップデートされる正確な情報に基づいた効果的なコラボレーションを通じて、世界中に散在するユーザーの共 同生産性が上昇します。あらかじめ定義されたプロジェクト テンプレートによって予測しやすくなります。

概して、ダッソー・システムズのEnterprise Project Management ソリューションは、プログラム/プロジェクト管理を担当者の手に戻します。このソフトウェアは、生産者が、製品のライフサイクルを通して、同時的に新製品開発イニシアチブを管理す ることを可能にします。生産プロセスの前にデザインの変更を行うことができ、これにより、時間とコストが節約され、コンプライアンスを確実にします。どこ でも設計、どこでも製造 (DAMA)をリーン生産方式と組み合わることで、企業は時間的にもコスト面でも効率を上げることができます。

情報の効果的な共有は、データの一元性から始まります。それは、複数の企業のシステムからデータにアクセスするために 共通のインターフェースを利用することで可能になります。最新情報へのアクセスは、物資の入手から、入札、見積もりまでの過程でのコスト削減につながりま す。正確な情報は、業界ベストの入札と価格戦略を導入することによって、コストを抑えます。 スキルを有する人材を最善に活かすことは、世界中至るところでの課題です。ダッソー・システムズのソリューションは、より効果的な人材マネージメントとプロジェクト計画のための能力ヒエラルキーを鑑定します。

Enterprise Project Managementソリューションは以下の機能を搭載しています:

  • プロジェクト・プランニング&スケジューリング
  • プロジェクト問題/リスク管理
  • プロジェクト業務内訳構造
  • プロジェクト調達管理
  • プロジェクト・ダッシュボード
  • 契約済み発送製品管理
  • サプライヤー/パートナー管理

当社は、ダッソー・システムズのENOVIAを製品開発戦略の基礎として取り入れ、製品導入のコストを抑え、複数のプロジェクトをリアルタイムにコントロールし、当社のお客様、パートナー、サプライヤー、株主様に最善のメリットをもたらす意思決定をするために活用しています。

Steve Robbins, VP Engineering and Information Technology, A.O. Smith