製品ポートフォリオ&要求管理

理想的なカスタム化製品を求めるカスタマーの声と設計やテクノロジーの多様化により、多くの製品を管理しなければならない時代が到来しました。このような状況下で成功を収めるには、製品プランニング部と開発部間のよりよいコミュニケーション&コラボレーションが必要になります。 アセンブリ、設定、エンジニアリング、製造などあらゆる分野でカスタム化が求められる中、カスタマーや市場のニーズの変化に常にアンテナを向け、細心の注意を払いながらそれらのニーズを分析することにより、製品開発の最高の戦略を打ち出すことができるようにまります。

 

ダッソー・システムズのProduct Portfolio and Requirement Managementソリューションを活用し、製品全ライフサイクルにわたって最適化された製品管理プロセスを確立してみませんか。高性能要求管理機能により、企業内の関連者だけでなくカスタマーの声を開発プロセスに取り入れながら、製品管理部と技術部間のコラボレーションを向上させます。今後発生すると想定される要求事項リストから、製品機能に関する市場の理想に近いものをさらに搾ってリストにし、具体的なソリューションを打ち出します。

また、既存ならびに今後発売する製品のラインやモデルの序列を定義しながら、製品シリーズをうまく管理することができます。製品構造が製品定義プロセスを最適化する枠組みとして使用されることにより、製品アーキテクチャを定義しながら新しいコンセプトを管理することができるようになります。さらに、幅広い製品のオプション・ライブラリ定義ルールのセットアップ製品コンフィギュレーションの有効化、そして部品表自動作成の際に、インタラクティブなグラフィック・インターフェースをご利用いただけます。製品機能、設計、試験仕様書や使用事例を製品製品ライフサイクル全体にわたって追跡できるため、新製品開発の際にこれらのデータを見直すことができます。製品開発の際の変更は避けられないものであるからこそ、整然とした管理体制が必要になります。部門間変更プロセス機能は、報告された問題の解決法を組織内全体に報告&保管します。

 

同ソリューションは、製品シリーズを市場のニーズ、市場動向そして技術イノベーションに合わせた計画を可能にします。つまり、新しい主要業績評価指標KPI)やユーザーによるカスタム化ダッシュボード表示を作り上げ、産業用機械産業ではよくありがちなビジネス・モデルの変化へうまく対応できる環境を皆さまにお届けします。製品シリーズ開発プロセスにリアルタイム&視覚で簡単に確認できる管理方法を導入することにより、実際の調達やコスト発生以前に確かな決定を下すことが可能になります。

Product Portfolio and Requirement Management ソリューションでは、以下の機能を提供します。

  • 生産ライン、モデル、シリーズ管理
  • マーケット/顧客要求管理
  • 新製品導入
  • 設定済み製品カタログ
  • ケース管理

最新のPLMテクノロジーは、当社のビジネス変革戦略を推進する上で非常に大切です。当社のイノベーション戦略の礎石であるCATIAとENOVIAは、3Dでの迅速な設計とシームレスなコラボレーションを容易にします。

Tae-hwan Kim, PLM Project Manager, Doosan Infracore