分野横断型の製品エンジニアリング

サプライヤーが設計イノベーションを推し進める 中、製品工学は密なコラボレーションがこれまでにないほど必要になっています。世界に点在するパートナーやサプライチェーンとのエンジニアリング共同作業 の調整は実際には容易ではないため、ますます複雑化する設計要求を満たすための高いプレッシャーに皆さまは押されているのではないでしょうか。絶え間ない エンジニアリング変更、特に多様な設定が必要とされる場合、部品表(BOM)やその他の製品データを正確かつ常に同様なものを製品全ライフサイクル間で関 連者全員に伝達することはとても難しいことは否めません。

産業用機械生産者およびサプライヤーの 皆さまは現在、エンジニアリングやそれから発生する調整&コラボレーション問題を解決すべく、ダッソー・システムズのソリューションに注目を寄せていま す。これらは、プロジェクト仕様書作成段階から生産プランニング段階までの長期にわたって取り組まなければならない問題です。ダッソー・システムズのMulti-Discipline  Product Engineering は、メカ、システム、ソフトウェアの3つのエンジニアリング分野間でのプロセス&データ情報伝達の際に立ちはだかるバリアを一掃し、企業内だけでなくサプライチェーン全体のスムーズかつ蜜なコラボレーションを確立するお手伝いをします。ビジネス課題“どこでも設計&製造を”打ち出すことができます。

高度な技術を要する複数の産業界で行った綿密なリサーチと開発により産み出された設定管理機能は、産業用機械企業の皆さまによりよい既存設計再利用&代替設計管理環境をお届けします。ワークフローならびに一覧表を使用しながら変更の情報伝達をスピードアップさせ、充実したコラボレーションをご享受ください。

また、世界規模コラボレーションを必要とする皆様に、単一/分散型リポジトリ、リアルタイム/非同期モードな ど、さまざまなオプションもご用意しています。多種多様な職種から構成される組織の皆さまは、同時に多種多様なCAx(CAD/CAM/CAEの総称)シ ステムに対応する必要があります。弊社ソリューションに搭載されたMulti-CAxサポートを使用すると、データ確 認&交換が自由にできるだけでなく、変更や設定をさまざまなCAxシステムを通してトラッキングできます。サプライヤーのコンポーネント設計か増加する 中、開発サイクル内でパーツ・メーカーやサプライヤーと共同作業実現できる弊社の頼りになるツールをぜひご利用ください。製品クオリティーやスケジュール に妥協を加えず、画期的な変化を皆さまへお届けします。

Multi-Discipline Product Engineeringソリューションは以下の機能を搭載しています:

  • 製品工学プロジェクト管理
  • 分野横断型部品表(BOM)管理
  • エンジニアリング変更管理&変更影響分析
  • 製品構造&作業構成明細
  • コンポーネント分類/一覧表管理
  • デジタル・モックアップ・レビュー&干渉管理
  • エンジニアリング標準文書作成&発売スケジュール管理
  • さまざまなCAD設計コラボレーション
  • 点在するパートナー&サプライヤーのコラボレーション
  • ナレッジ・テンプレート&再利用

3D製品設計のためのCATIAと エンジニアリングのためのENOVIAのお陰で、当社のコラボレーティブな設計プロセス全体にわたって既に驚くべき効果が表れています。

Hak-Seong Uhm Principal Researcher Construction Equipment Business Group, Doosan Infracore