製造&治工具エンジニアリング

予算超過やスケジュールの遅延が頻繁に発生する産業にとって、信頼性のある明確な生産プランを打ち立てることが市場競争で生き残る重要なポイントです。時 間や予算通りに生産プログラムを開始するためには、調整&実行しなければならない課題が数え切れないほどあります。工場内だけでなくサプライ・チェーン全 体を通して共同製造作業を行うためには綿密で慎重な計画が必要不可欠であり、この計画があってこ安全で最適な環境をスピーディーに作り上げることができる のではないでしょうか。

ダッソー・システムズの完全に統合化したPLM環境は、“Design for Manufacturing(生産性を考慮した設計)”への皆さまのアプローチをサポートし、設計&製造両プロセスの同時最適化、そして所有資産の有効活用を可能にします。産業用機械産業向けManufacturing and Tooling Engineeringは、これまでにない形の効率的で信頼性の高いソリューションです。プランニング、スケジューリング、生産ライン設備配列決定、NCプログラミングなどのデジタル製造を初期段階で明確に定義することにより、しばしば設置段階になってから発覚する製造遅延の問題の発生率を減少させることが可能になります。また、サプライ・チェーン全体で3Dプロセス&リソース・プランニング・ツールをシェアし、効率的な受注生産製造システムを確立&最適化することもできます。人材&ロボット資産や生産プロセスをシミュレーションすることにより、一つのプロトタイプを作成する前に、生産システムやプロセス設計を評価できると言う、“どこでも設計&製造(Design Anywhere/Build Anywhere)”を実現化。さらに、生産をある工場から別の工場へ移行させ生産量を増加させることもできます。

変更は現実には避けがたいものです。ダッソー・システムズのソリューションは、効率的な代替案を迅速に判断し、修正プランを提案します。ダッソー・システ ムズのPLMシステムは設計&製造情報の関連性データを保管しているため、後期段階での変更をトラッキングし、変更によって影響を受け得るパーツを特定、 生産への影響を割り出します。この統合型PLM環境により、変更による差額(ドル表示)と時間に関する情報を入手することができます。設計構造とは別に配列を再構成し、個々の現場に合わせた生産手法を採用できる柔軟性も備えています。生産プランが完了すると、詳細な作業指示書が生産関係者全員へ送られます。3Dによる組立順序を含む、わかりやすく説明されたこの仕様書は、エラーを最小限にとどめるために役立ちます。

Manufacturing and Tooling Engineeringソリューションは以下の機能を搭載しています:

  • 製造アッセンブリ・プランニング
  • プロセス調整&確認
  • 資産(人材含む)活用モデル作り&シミュレーション
  • 製造部品表
  • 工具資産管理
  • 生産変更管理
  • 作業指示書作成
  • 数値制御プログラミング
  • 作業現場設置

Thanks to DELMIA, we were able to show management what the plant would look like using 3D animation. This was a significant benefit.

Kunihisa Komada Air Conditioning Manufacturing Division, Daikin Industries