トレーサブル・リクワイアメント・マネジメント

お客様フィードバックの履行を向上させて製品価値を高める

スマーター、ファスター、ライターのトレーサブル要件管理は、要件を取り込み、委任、追跡、確認することで、最終設計にお客様の声を反映することで、組織全体の要件管理プロセスを向上させる働きをします。
トレーサブル要件管理により、お客様の要求、技術仕様と最終的な製品機能を明示的にリンクさせることで、開発コストと作業のやり直しを減らすことが可能です。 新製品で顧客ロイヤリティを高め、市場をリードします。

 

主な特徴と利点:

  • 市場の浸透を強化
  • 製品ライフサイクルを通じて複雑で詳細な要件のトレーサビリティを向上させる
  • 要件定義フェーズにおける偏向や逸脱のリスクを減らし、製品品質を向上させる

要件管理において、要件のトレーサビリティと再利用を含め、管理プロセスが30~40パーセント向上しました。

Peter Servi Fujitsu Network SystemsエンタープライズPLM/エンジニアリング・アプリケーション担当シニア・マネージャー