システム・アーキテクチャ・デザイン&シミュレーション

要件、機能、論理、物理設計(RFLP)の方法論により複雑なシステム開発をマスター

スマーター、ファスター、ライターのシステム・アーキテクチャ設計&シミュレーション・ソリューションは、統一された複数分野のエレクトロニクス・システム開発プロセスを公式化して、共有、管理します。 カスケード化された要件、機能、論理、物理(RFLP)仕様の方法論が用いられています。 製品定義において完全なトレーサビリティをもってお客様のニーズと技術要件を取り込み、製品の機能、論理、物理、テスト要件を設定します。

スマーター、ファスター、ライターのシステム・アーキテクチャ設計&シミュレーション・ソリューションにより、エンジニアはシステム動作をモデル化して検証し、設計の最適化、コンセプトの規模設定、複数分野のインターフェース管理が行えます。 初期段階での包括的な検証により、革新的な設計を迅速に導入し、コストがかかるサイクル後半での変更指示を減らすことができます。

主な特徴と利点:

  • 複雑なシステム定義をマスターして、モジュール・コンポーネントの再利用を促進
  • 製品要件を効率よく管理して追跡
  • 機能/論理アーキテクチャを自動で定義して、システム動作をダイナミックにモデル化