コンポーネント・サプライヤー・マネジメント

パーツの再利用とバリエーションを管理して、市場投入期間を短縮、製造コストを削減

スマーター、ファスター、ライターのコンポーネント・サプライヤ管理により、パーツ仕様の再利用を強化し、パーツ変更のプロセスを改善することができます。 パーツの適格性と開発に関するビジネス・ルールを定義することで、チームやプロジェクト間で一貫した情報の取り込みとタスクの実行が可能になります。 設計、テスト、製造、購入、品質管理チームは、複雑で硬直したワークフローに頼ることなく、より効率的に連携して作業が行えます。

あらゆる主要関係者が連携した統合されたパーツ開発プロセスを導入することで、ハイテク/エレクトロニクス企業は製品や部品のコンプライアンスを保証しながら、「どこでも設計、製造」できる俊敏性と節約を実現できます。 バリューチェーンを通じて、内部コストや外部価格の管理から、あらゆるコスト要因の完全な把握と管理にまで焦点が拡大されています。 パーツを最大限に再利用し、パーツ変更のワークフローを合理化することで、市場投入期間と製造コストの短縮につながります。

主な特徴と利点:

  • マスター・コンポーネント供給は複雑ながらも規模の経済性を実現
  • エンドツーエンドのIP適格性と認定を促進して向上
  • IP再利用を最大化
  • 設計からコストの能力を改善
  • 企業内のリアルタイムのコラボレーションを促進

ライブラリは開発の頭脳と言えるでしょう。 開発者が必要とする情報はすべて一元的に保存され、たとえば新規開発に利用できる部品があるか、廃版になった部品なのかを知ることができます。

Lutz Napiwotzky氏、Engineering Applications Corporate IT担当 Bosch