製品の遅れとエンジニアリング・コストを削減して収益を向上

 


お客様は、仕事に役立ち嬉しい感覚になれるような、一貫したインテリジェントで直感的なエレクトロニクス製品を求めています。 しかしこのような製品を複数の分野のメカトロニクス設計チームで実現するためには、システム、エレクトロニクス、メカニカル、ソフトウェア・エンジニアリングの並外れた連携が必要です。 開発環境は、単なるライフサイクル管理ツール以上のものを要求します。 多様なエンジニアリングの成果をリアルタイムで、分かりやすく使いやすいインターフェースによってインテリジェントに取り込み、調整、共有しなければなりません。 異なる設計目標、ベスト・プラクティス、用語、仕様、スケジュールをすべて効率的に管理する必要があります。

スマーター、ファスター、ライターの統合する主な設計イネーブルメント・ソリューションは、組織化されて統合されながら、柔軟なコラボレーション開発環境により、それぞれのエンジニアが最小限の労力で仲間の成果を100%意識できる環境を提供します。 製品の開発サイクルを短縮し、設計コストを最小限にとどめながら、製品開発能力を向上させる力となります。

「スマーター、ファスター、ライター」インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスのメリット:

  • 製品の魅力と顧客ロイヤリティの向上
  • 初期段階から設計を成功
  • 製品機能だけでなくカスタマー・エクスペリエンスを革新
  • 市場投入期間の短縮と製品欠陥の削減

 

当社の製品は、メカニカル・ハウジング、プリント回路基板、アセンブリ・プロセスが相互依存することでますます高機能化しています。 「スマーター、ファスター、ライター」は、エンドツーエンドのトレーサビリティによって、あらゆるメカトロニクス設計に不可欠の統合アプローチをサポートします。

Pauli Korhonen メカニカル・エンジニアリング担当Senior Solution Delivery Manager、Marketing Products and Services IT、Microsoft Devices Group