プロジェクトとポートフォリオの管理

複雑な新規プロジェクトのプロジェクト管理を促進して製品化までの時間を短縮します

今日、半導体を設計する組織において、お客様のプロジェクト仕様を満たすと同時に利益を最大にすることは複雑なタスクです。考えられる膨大な選択肢を考慮して、設計に関して最適な意思決定をする必要があるからです。 パーツの急増を念頭に入れ、お客様の今後のニーズを予測し、リード・タイムを短縮する必要もあります。 すべての情報を概要に整理して分析できるようにするだけでも、圧倒されてしまうような課題になります。 これを克服するには、統合されたプロジェクトとポートフォリオの管理ソリューションにより、半導体設計プロジェクトのデータの収集と整理を自動化できるようにする必要があります。

Silicon Thinking Portfolio and Project Managementソリューションには高度なワークフローとテンプレートがあり、リソースプランニングを自動化して、複雑な半導体開発プロジェクトのベスト・プラクティスを制度として取り入れることができます。 コラボレーションによるプロジェクト管理機能では、世界中に分散したユーザーの生産性が大幅に向上します。 リアルタイムの情報でプロジェクトとプログラムを進めることができますが、その情報は、タスク、ドキュメント、成果物、その他のデータに直接リンクされ自動的に更新されます。 プロジェクト管理者は、この自動更新機能により、ステータスを追跡するのではなく、価値の高いアクティビティに集中できるようになります。 特別に保護された情報へのアクセスは簡単に割り当てられ、開発チームを軌道に乗せる際の障害が取り除かれて、企業の知的財産が保護されます。

企業では、正確でリアルタイムの情報を世界中のチームに提供してプロジェクトを滞りなく進めることができ、ますます短縮される製品ライフサイクルに対応できるようになります。 プロジェクト・ダッシュボードにより、スケジュール全体、フェーズ、ゲート、リソース、コスト、利益をリアルタイムで確認して管理できるようになります。 投資収益率が最高になる可能性を含むプロジェクトを特定することによって、一層適切に意思決定できるようになります。

主な特徴と利点:

  • プロジェクト・パイプラインをリアルタイムで確認し、迅速に分析して意思決定可能
  • リソースの共有が拡大し、プロジェクト管理者と職務グループ管理者との競合が減少
  • 複雑なプロジェクトを小さくて管理しやすいタスクに自動的に分解し、プロジェクト達成率を向上
  • セキュリティ保護されたプロセスとデータに簡単にアクセスし、プロジェクト遂行効率を改善