イシュー、デフェクト&チェンジ・マネジメント

複数の同時進行プロジェクトで問題を迅速かつ効率的に解決

お客様は、多くの場合、集積回路で見つかったバグや問題を、単純に把握できて簡単に解決できる単一の問題とみなします。 しかし、半導体の設計と製造の工程、特に開発環境が分散していて、数十のIPブロックを分担する世界中の複数のサイトに数百のエンジニアがいるような工程では、数千の問題と欠陥を同時に管理しなければならないことがあります。 問題を同時に解決するには、問題の相互依存関係、解決のための人材の配置、正常な工程とビジネスへの全体的な影響を集中型プロセスで管理する必要があります。

半導体を設計している組織では、 シリコン・シンキング イシュー、デフェクト&チェンジ・マネジメントソリューションにより、報告された問題の整合性と変更の責任を単一システムで管理し、設計と製造の問題の解決を可能にします。 このソリューションを使用すると、すべての製品開発の関係者は、地理的にどの場所にいても、組織でどの役割を担っていても、問題の提示と解決が可能になります。 問題はすべて特定されてオーナーに割り当てられ、シームレスで一般的なプラットフォームで追跡(レポート)し解決されます。 企業全体で同期を保つために、問題によって設計と製造プロセスの正式な変更が生じることがあります。

どのような設計要素も、問題や変更の影響を受ける項目とされる可能性があります。 変更サイクルの時間を短縮するため、サプライヤーとお客様が、問題と変更の管理プロセスに必要に応じて参加することもできます。 イシュー、デフェクト&チェンジ・マネジメントソリューションは、ハイテク企業やエレクトロニクス企業が問題と変更を徹底して管理するソリューションになり、プロセスになり、問題の特定、解決、予防、レポート、傾向分析が行われます。

主な特徴と利点:

  • 問題の特定から欠陥の解決までの徹底したプロセス
  • 詳しい影響分析を行い、効率の高い修正方式を実現
  • 訂正プロセスを合理化しながら、影響される製品の構造を尊重
  • ダイナミックで構造化された訂正プロセス・フローは、ユーザー・ロールとチーム構造に一致
  • すべての問題を単一のシステムに集中させ、解明された内容と評価に応じて継続的にプロセスを改善