現在、半導体ビジネスで市場の主導権をにぎるためには、すぐれた顧客サービスが重要になっています。 最終的な用途が自動車、ヘルスケア、軍事、あるいはコンシューマ製品であれ、顧客はクラス最高の集積回路が予定どおりに納入されるものとしています。 顧客サービスの質と株主の投資収益率を高めるには、集積回路の設計と製造を最高の効率とイノベーションで行う必要があります。

Silicon Thinkingインダストリ・ソリューションは集積回路の設計とエンジニアリングのパフォーマンスを向上させるソリューションのポートフォリオであり、これによって製品化までの時間が短縮され、製品品質が向上し、投資収益率が改善されます。 有効な主要プロセスは、知的財産の再利用、要件とテストのトレーサビリティ、問題と欠陥の統合管理、分散したエンジニアリング・チームのコラボレーション、仮想テスト、製造量分析です。 半導体メーカーは、このソリューションのポートフォリオを使用すると、チップの複雑さが増す、電力消費を抑える、生産時間を短縮する、組み立て量を増やすなどの並行する課題を素早く簡単に解決できるようになります。

Silicon Thinkingインダストリ・ソリューションの価値:

  • グローバル・コラボレーションの効率を向上させて製品化までの時間を短縮
  • プロジェクトの実行を効率的に追跡して意思決定を加速
  • 仮想プロトタイプにより、時間とコストをさらに節約
  • 製造プロセスを最適化し、収量低下を縮小

Silicon Thinkingによって品質やプロジェクトで発生しつつある問題を評価できるので、発生する可能性のあるすべての問題を、その芽のうちに考えておくことができます。 現在、実際にスケジュール遅れのプロジェクトの数が60%から10%に減りました。

Albert Li Global Unichip社ディレクター