エレクトロニクス製品製造企業

作業現場のデータ収集をリアルタイムで自動化します。 欠陥データを分析して、根本的原因を突き止めることができます。 欠陥の発生につながるパターンについて複雑な製造プロセスで多数の変数を評価することができます。 予防的処置が識別されると、作業現場の作業員によって使用される標準のベスト・プラクティスとしてこれらの処置を景形式化できます。

無駄のないイノベーションと製造で市場をリードする

わたしたちはエレクトロニクス製品の新しい時代の中にいます。 この新しい時代は、エクスペリエンスに対する消費者の要求によるものです。 現在、エレクトロニクス製造企業は、物理的な接触、インタラクティブなコンテンツ、幅広いサービスを通じてエクスペリエンスを提供したり、幅広いサービスを提供したりする必要があります。

消費者だけでなく、政府機関にとっても、環境意識も最優先事項となります。 そのため、製品は使用時とその後の環境に配慮しなければなりません。 そこで、製造企業は、製品と製造サプライチェーンに持続可能性を組み入れる必要があります。

これらのすべてはインターネットの時代で起こっています。インターネットは、一瞬で生成される大量のデータから価値を提供するために新たな課題と機会を生み出します。 したがって、製造企業は、市場で生き残り、市場におけるリーダーシップを確立するために注意深く消費者と競合他社の動向を見守り、対応する必要があります。