モールド・マシニング

機械加工プロセスを自動化することにより、NCプログラミング時間を削減

このソリューションは、機械加工プロセスをプログラミングして最適化する際に、機械加工ツールのオペレータが高度なツールパス・プログラミングと仮想シミュレーションによって効率を向上させることができるよう支援します。エンジニアリングと同時に作業を行うことで、NCプログラマーはプログラミングのリードタイムを実質的に削減することができます。ツールパスのエラーを、これまでよりもはるかに早い段階で特定し解決することで、「ベスト・イン・クラス」の表面加工品質と衝突のないツールパスを実現できます。この機能により、工具の寿命を最適化しながら複雑な金型の切削が可能になります。

主な特徴とメリット

  • 設計と製造間でコンカレント・エンジニアリングを促進して時間を節約。製造柔軟性を高めて設計とエンジニアリングの変更に迅速に対処
  • 製造ノウハウの再利用率を実質的に向上させて、効率の向上を実現
  • 製品の高い可変性とモジュール性を効果的にサポート
  • 事前作業計画の改善により、機械加工ツールの用途を最大限に活用